【エコキュート交換工事施工例】埼玉県加須市~広々としたスペースに三菱「SRT-W375」を設置~

ブログ

エコキュート交換工事の様子や、それにまつわるトラブル事例を紹介するこのコーナー。今回紹介するのは、埼玉県加須市にあるT様邸の施工例。広々とした設置スペースに交換前と同じ大きさ(370L)・同じタイプ(角型)のエコキュートを設置する工事で、大変施工しやすい例です。

<交換工事概要>

【交換前設置EQ】メーカー:サンヨー

        システム型式:SHP-TC37M

        貯湯ユニット型式:SHP-T37M

        ヒートポンプユニット型式:SHP-C45M

        リモコン型式:RCS-HS37M-IP

        製品タイプ:角型 > フルオート > 標準圧 > 370

【交換後EQ】  メーカー:三菱

        システム型式:SRT-W375

        貯湯ユニット型式:SRT-WT375

        ヒートポンプユニット型式:SRT-SU455-AW

        リモコン型式:RMCB-D5SE

        製品タイプ:角型 > フルオート > 標準圧 > 370

玄関脇の広々としたスペースに設置!

今回ご依頼を頂いたT様のご自宅では、住居前の駐車場にエコキュートが設置されていました。通路も広くこれといった障害物もなかったので、難なく搬入・搬出が可能です。エコキュートは狭い場所に設置されていることが多いので、搬入経路の確保に苦戦する例も少なくありません。設置場所がこれだけ広いと、とても施工しやすいです。

これまで使われていたエコキュートは、サンヨーの「SHP-TC37M」

三洋電機は2009年にパナソニック傘下となり、「SANYO」ブランドは「Panasonic」に統合されています。「SANYO」ロゴの入ったこちらのエコキュートは、おそらく10年以上頑張って働いてくれたものだというのがわかります。

交換工事開始!

既存のエコキュートを撤去したら、給排水の配管を確認します。今回は同じ場所に同じフルオートタイプのエコキュートを設置するということもあり、既設の配管をそのまま使用することになりました

新しいエコキュートを運び込んで配管を繋いだら、化粧テープや断熱材をしっかりと巻いていきます。

貯湯タンクとヒートポンプの配管を接続したら、設置工事は完了です!

設置抵抗を計測し試運転を行いながら、漏電などを起こしていないことも確認します。

新しく設置したエコキュートは、三菱の「SRT-W375」。各家庭のお湯の使い方を学習しながら最適な沸き上げを自動で行う便利な機能「かしこいわき上げ制御」が付いた人気エコキュートです。

このほかにも、効率的に湯はりや保温を行う「アシスト湯はり」「ヒートポンプ保温」や、お湯はりと共に脱衣所や浴室の暖房を開始する「あったかリンク」など、便利な機能が満載です。

ご検討の際は、下記の寸法を参考にぜひお気軽にお問い合わせください。

【製品寸法】

貯湯タンク:高さ 1820mm × 幅 630mm × 奥行き 760mm

エコキュートの交換・買い替えで
お悩みの方は一度ご相談ください

365日、土日・祝日も休まず営業中!
お気軽にお電話ください。






メールで
問い合わせる

LINEで
問い合わせる

現在の機種の型番や設置搬入経路確認のための写真があれば正確なお見積もりが可能です。

タイトルとURLをコピーしました