エネファームからエコキュートに交換! どちらがお得?違いやメリットを徹底解説

代表松田の呟き
簡単10秒!地域の選択だけ 在庫・納期シミュレーター 簡単10秒!地域の選択だけ 在庫・納期シミュレーター

家庭用給湯システムとしてエコキュートと同じく注目を集めている「エネファーム」。似たような名前でエコキュートと混同されやすいですが、じつは給湯方法やコスト面などさまざまな点で違いがあります。そこで今回は、エコキュートとの違いやメリット、デメリット、さらにエネファームからエコキュートへの交換について詳しく紹介します。

エネファームとは?

画像引用:Panasonic HP | 家庭用燃料電池「エネファーム」

まずは「エネファーム」とは一体どのようなもので、エコキュートと何が違うのか解説していきます。

エネファームの正式名称は「家庭用燃料電池コージェネレーションシステム」。わかりやすく言うと、電気とお湯を同時に作り出す家庭用の燃料電池です。「エネルギー」と「ファーム=農場」を組み合わせて名づけられた名称で、自宅で使うエネルギーを家庭菜園のように作り出しエコな暮らしを実現するという意味が込められています。

エコキュートとの違いは?

エコキュートとの違いとしてまず挙げられるのは、給湯の仕組みです。エコキュートがヒートポンプから取り込んだ大気熱と電気を使ってお湯を作るのに対し、エネファームはガスに含まれる水素と空気中の酸素を化学反応させることにより電気とお湯を作ります

ここで一つのポイントとなるのが、エネファームの燃料は天然ガスであるということ。天然ガスに含まれる炭化水素を分離して水素を取り出しています。その過程では、副産物として二酸化炭素が生まれます。ガスを燃焼させるよりは少ない排出量(ガス給湯器と比べて二酸化炭素の排出量は40%~50%減)ですが、それなりに二酸化炭素を放出していることは間違いありません。

対して、エコキュートは全くCO2を排出しない給湯器として注目されています。現在は火力発電によって賄われた電力を使用しているため、その過程においては二酸化炭素を排出しているのですが、今後の原発再稼働によって完全にCO2を生まずに給湯することが可能になるのです。脱炭素社会に向けた環境保全の観点からもエコキュートは非常に有用だと言えます。

また、エネファームとエコキュートの最も大きな違いとして挙げられるのがコスト面ですエコキュートの価格が工事費込みで35~60万円程度であるのに対し、エネファームは本体価格が170万円ほどと非常に高額です。製品寿命はいずれも10~15年程度と差はありませんが、交換のたびに上記の費用が発生することを考えればエコキュートの方が圧倒的にお得です。%さらに月々の光熱費の観点からも、エネファームはガスを使用する分コストがかさむ傾向にあります。エネファームでは水素を取り出すために使用するガスの使用量がとても多く、導入したことによってガス代金が2~3万円上がったという家庭もあります。給湯しながら発電も行うので電気料金は安くなるものの、かかるガス代金を補えるものではないのでその経済効果は低いでしょう。一方、深夜電力でお湯をつくるエコキュートは電気代金の節約ができることも魅力の一つ。専門家によると、1ヵ月の電気代平均は約1,860円とも言われています。

エネファームからエコキュートへ交換するには?

エネファームとエコキュートでは環境保全の観点や導入コスト、ランニングコストなどどの面においても、エコキュートの方がメリットが大きいことがわかりました。そのため、エネファームからエコキュートへの交換を希望されるお客様も多いです。ここでは、エネファームからエコキュートへ交換する際のポイントや注意点を交換事例と共に紹介します。

交換工事でまず必要になるのが、エネファームの解体です。エネファームは発電ユニットと貯湯ユニットで合計約140kgの重量があるため、バラして搬出する必要があるのです

ここで注意しなければならないのがガスの処理です。電気温水器などとは違ってガスが繋がれているので、解体の際はサンダーなど火花が散るものは極力使用しないようにします。このように、配管などのガス残りには十分気を付けて作業します。

ガス栓は、ガスシール材等を使用して確実にキャップ留めを行います。

本体が撤去できたら雑線処理を行います。弱電線には操作リモコン以外にもCT線などさまざまな線が配線されているので、しっかりと確認しながら処理していきます。

続いて、新しく設置するエコキュートの脚位置に合わせてアンカーボルトを打ち込みます。

エコキュートのタンクとヒートポンプを搬入して、配線や配管を繋ぎ合わせます。配管には断熱のため保温材を巻き付けます。

これでエコキュートの設置完了です。全体的な見た目もコンパクトになります。

太陽光発電を利用している場合は、エネファームのセンサーを撤去して外部発電の設定を変更します。これでエネファームからエコキュートへの取替え工事完了です。

当社ではエネファームからエコキュートの交換工事も数多く対応しています。交換をご検討の際は、ぜひ一度ご相談ください。

エコキュートの交換・買い替えで
お悩みの方は一度ご相談ください

365日、土日・祝日も休まず営業中!
お気軽にお電話ください。

メールで
問い合わせる
LINEで
問い合わせる

現在の機種の型番や設置搬入経路確認のための写真があれば正確なお見積もりが可能です。

代表松田の呟き
エコキュート交換専門のyhs株式会社
タイトルとURLをコピーしました