【エコキュート交換工事施工例】愛知県名古屋市名東区~フェンス脱着の搬入出で日立「BHP-F37SU」を設置~

ブログ

エコキュート交換工事の様子や、それにまつわるトラブル事例を紹介するこのコーナー。今回は、愛知県名古屋市名東区にお住まいのO様邸で行った交換工事についてご紹介します。

<交換工事概要>

【交換前設置EQ】メーカー:パナソニック

        システム型式:HE-37K3QWS

        貯湯ユニット型式:HE-37K3Q

        ヒートポンプユニット型式:HE-UK45W

        リモコン型式:HE-RQF7W/HE-RQV7W/HE-RQV7Z

        製品タイプ:角型 > フルオート >標準圧 > 370

【交換後EQ】  メーカー:日立

        システム型式:BHP-F37SU

        貯湯ユニット型式:BHP-TA37S

        ヒートポンプユニット型式: BHP-HA45S

        リモコン型式:BER-S1FA

        製品タイプ:角型 > フルオート > 標準圧 >370

フェンスを脱着して搬入出!

今回エコキュート交換のご依頼を頂いたO様邸は、住宅街の中に佇む3階建ての一軒家。エコキュートが設置されているのは、ご自宅裏側の1階ベランダです。

搬入出には、駐車場として利用されているお隣の敷地をお借りすることになりました。

駐車場とO様邸の間にあるフェンスを脱着して、エコキュートを運びます。

既設のエコキュートは、パナソニックの「HE-37K3QWS」。角型フルオートタイプのエコキュートで、既に生産終了されています。エアコンの室外機も一緒に設置されており、架台の下にあるのがエコキュートのヒートポンプです。

ヒートポンプの設置位置を変更

まずは、既設のエコキュートを搬出して配管などを確認します。

新しい貯湯タンクとヒートポンプを運び込みます。ここで問題が発生! エアコンの室外機を乗せている架台の下に、新設のエコキュートが収まらないことが判明しました。架台自体の劣化もかなり激しかったので、O様と相談した結果、架台を撤去しエアコンの室外機とヒートポンプを地面に並べて設置することになりました。

エコキュートの搬入が終わったら、貯湯タンクに各種配管を繋ぎます。

貯湯タンクからヒートポンプに繋がる配管は、エアコンの室外機の裏側を通して繋ぎました。

こうして無事にエコキュートの交換が完了です。新たに設置したエコキュートは、日立の「BHP-F37SU」。貯湯タンクに断熱性が高くお湯が冷めにくい「ウレタンク」を採用した人気機種です。ご検討の際は、下記の寸法を参考にぜひお気軽にお問い合わせください。

【製品寸法】

1771mm × 幅 650mm × 奥行き730mm

エコキュートの交換・買い替えで
お悩みの方は一度ご相談ください

365日、土日・祝日も休まず営業中!
お気軽にお電話ください。






メールで
問い合わせる

LINEで
問い合わせる

現在の機種の型番や設置搬入経路確認のための写真があれば正確なお見積もりが可能です。

タイトルとURLをコピーしました