【エコキュート交換工事施工例】セミオートからフルオートへの交換!「ウルブロZ」も設置

ブログ

エコキュートの交換工事や、弊社の施工事例を発信するこのコーナー。今回は、福井県敦賀市にお住まいのA様邸で行った交換工事をご紹介します。セミオートタイプからフルオートタイプのエコキュートへ交換で、さらにウルトラファインバブルを発生させる「ウルブロZ」を設置しました。

<交換工事概要>

【交換前設置EQ】メーカー:パナソニック

        システム型式:HE-46K3SUS

        貯湯ユニット型式:HE-46K3S

        ヒートポンプユニット型式:HE-UK60U

        製品タイプ:角型 > セミオート > 標準圧 > 460

【交換後EQ】  メーカー:ダイキン

        システム型式:EQ37VFV

        貯湯ユニット型式:TU37VFV

        ヒートポンプユニット型式:RQW45UV

        製品タイプ:角型 > フルオート > 高圧> 370

セミオートタイプのエコキュートをフルオートに交換!

福井県敦賀市のA様のご自宅で使われていたエコキュートは、パナソニックから2006年に発売された「 XHE-46K3SUS」。約15年、大変頑張って活躍してくれましたね。

浴室の様子を台所から音で確認できる浴室モニターや、台所と浴室間で会話ができるハンズフリー通話機能が搭載されていて、当時ファミリー世帯を中心に人気を集めた製品です。今回特筆すべきは、このエコキュートが「セミオート」タイプだということ。

「セミオート」とは?<フルオートタイプとの違い>

一般にエコキュートの種類は、セミオートかフルオート、または給湯専用の3種類です。給湯専用は湯はりや足し湯を全て手動で行うのに対し、セミオートとフルオートは全て自動で行うことが可能です。

では、セミオートとフルオートでは何が違うのか。フルオートタイプは追い炊きや自動保温ができるのに対し、セミオートはできません。セミオートのエコキュートはお湯をタンク内に戻して温め直すことができないので、浴槽のお湯を温め直したいときは「高温足し湯」機能を使うことになります。

これまでセミオートタイプのエコキュートをお使いになられていたA様ですが、やはり「追い炊き」機能が欲しいということで、今回はフルオートタイプのエコキュートを設置させて頂くことになりました。

セミオートからフルオートにするには?~交換工事の流れ~

浴槽までの配管(before→after)

エコキュートを設置する際に、セミオートとフルオートで違う点は「配管の数」です。前述した通り、フルオートのエコキュートでは追い焚きできるのに対して、セミオートのエコキュートはお湯をタンク内に戻して温め直すことができません。つまり、浴槽から貯湯タンクにお湯を戻すための配管がないのです。ですから、セミオートからフルオートタイプのエコキュートに交換する場合、浴槽から貯湯タンクまでの配管を1本増やす作業が必要になります。

A様邸で使用されていたユニットバスをあけてみたところ、こちらはもともとフルオート対応のユニットバスでした。追い焚き時に貯湯タンクまでお湯を戻すための配管が既に用意されていたので、今回はその配管を利用することになりました。

用意されていた配管に新設の配管を接合

もともとの配管が壁の直前まで用意されていたので、壁の内側で新設の配管と繋いで外に出します。家の外に繋がる壁穴に余裕があったので、今回は新たに穴をあける必要もありませんでした。

穴の隙間から害虫などが入り込まないように、コーキング(目地剤で隙間を塞ぐ作業)しています。

貯湯タンクに繋ぐ配管(before→after)

こうして浴槽から貯湯タンクに繋がる配管の準備が整いました。施工前の写真と比べると、配管が1本増えているのがわかりますね。

この配管を貯湯タンクに繋げたら、今度は貯湯タンクからヒートポンプまでの配管を繋ぎます。(豪雪エリアの為重断熱しました)

追い焚き時にヒートポンプまでお湯が戻れるように、ここの配管も2本になります。さらに、凍結を防ぐための保温材が巻かれています。

これでエコキュートの交換工事が完了です!

※ちなみに、ヒートポンプを台にのせているのは積雪対策です。A様邸のある福井県敦賀市は、冬になると1m以上積雪するエリアだそう。ヒートポンプが雪で覆われて外気を取り込めなくなる事態を防ぐため、本体の設置位置を上げて対策しています。

ウルブロZを同時設置!

循環アダプターのbefore(セミオート循環金具)→after(ウルブロZ)

さらに今回は、浴槽内のアダプターを「ウルブロZ」に交換して頂きました!

ハタノ製作所の「ウルブロZ」は、お湯張りや追い焚き時にウルトラファインバブルを発生する循環アダプター。200Lあたり約5.6兆個ものウルトラファインバブルを発生させることができます。

ウルトラファインバブルは0.001mm以下の超微細な泡なので、浮上することなく水中に長期間とどまり、さまざまな効果を持続させるのが特徴です。

<効果1>洗浄効果

マイナスイオンを持ったウルトラファインバブルが毛穴の汚れや老廃物を吸着して取り除きます。

油汚れの洗浄実験でもウルトラファインバブルは汚れを落としやすいことが証明されています。

<効果2>保温効果

ウルトラファインバブルはカラダを芯から温めるので、冬場も快適に入浴できます。お風呂から上がったあとも湯冷めしにくいのが魅力です。

<効果3>保湿効果

泡が毛穴の中やシワに入り込むことで肌水分量がアップ! 角質が潤うことで透明感やキメ細かさが高まるなど、美容効果も期待できます。

ウルブロZは、追い焚き機能付き給湯器であればほとんどのメーカーに設置可能! 特別な工事は必要なく簡単に取り付けられるので、新築のほかリフォームにもおすすめです。給湯器の動力を利用するのでポンプなど特別な動力がいらず、動作音が静かなのもうれしいですね。

エコキュートの交換・買い替えで
お悩みの方は一度ご相談ください

365日、土日・祝日も休まず営業中!
お気軽にお電話ください。






メールで
問い合わせる

LINEで
問い合わせる

現在の機種の型番や設置搬入経路確認のための写真があれば正確なお見積もりが可能です。

タイトルとURLをコピーしました