【エコキュート交換工事施工例】神奈川県川崎市高津区「グランノエル溝の口ファミリオ」~フレキ管を使って排水ルートを確保~

ブログ

エコキュート交換工事の様子や、それにまつわるトラブル事例を紹介するこのコーナー。今回は、神奈川県川崎市高津区にお住まいのT様邸で行った交換工事について。マンションでの施工例についてご紹介します。

<交換工事概要>

【交換前設置EQ】メーカー:三菱

        システム型式:SRT-HP37W1

        貯湯ユニット型式:SRT-HP37W1

        ヒートポンプユニット型式:SRT-HPU45A1

        リモコン型式:RMC-HP4KD

        製品タイプ:角型 > フルオート >標準圧 > 370

【交換後EQ】   メーカー:三菱

        システム型式:SRT-W375

        貯湯ユニット型式:SRT-WT375

        ヒートポンプユニット型式:SRT-SU455-AW

        リモコン型式:RMCB-D5SE

        製品タイプ:角型 > フルオート > 標準圧 >370

各種寸法&搬入経路をしっかりと確認!

今回エコキュート交換工事のご依頼を頂いたのは、神奈川県川崎市高津区にお住まいのT様。「グランノエル溝の口ファミリオ」というマンションで工事を行いました。マンションで工事を行う際は、エントランスやエレベーターなど共有スペースが搬入経路に含まれるため、すべての箇所の寸法確認が必要です

エコキュート本体はベランダに設置されているので、玄関や廊下、ベランダまでの窓枠についてもすべて寸法を確認し、搬入出に問題がないことを確認します。

既設のエコキュートは、三菱の「SRT-HP37W1」。角型フルオートタイプのエコキュートで2007年に生産が終了されています。

長く活躍してくれたエコキュートを運びだしたら、配管や基礎に問題がないことを確認。

新しく設置するエコキュートの脚位置に合わせてアンカーボルトを打ち込みます。

貯湯タンク、ヒートポンプそれぞれに配管を繋いで設置は完了です。

フレキパイプを使って排水ルートを確保!

排水に関して確認してみると、錆びた鉄管が置いてあるだけでした。経年により、かなり劣化しているのがわかります。マンションでベランダなどにエコキュートが設置されている場合は、排水経路をきちんと確保することも大切です

そこで今回は、フレキパイプを使ってベランダ奥の排水口までの排水経路を作りました

最後に漏電対策のアース工事を行い、施工完了です。

新たに設置したのは、三菱の「SRT-W375」。お湯が減ってきたら自動で沸き上げる「満タンわき増し」や、残り湯を循環させて配管の凍結を防ぐ「凍結予防運転」など便利な機能が搭載された角型フルオートタイプのエコキュートです。

ご検討の際は、下記の寸法を参考にぜひお気軽にお問い合わせください。

【製品寸法】

1820mm × 幅 630mm × 奥行き760mm

エコキュートの交換・買い替えで
お悩みの方は一度ご相談ください

365日、土日・祝日も休まず営業中!
お気軽にお電話ください。






メールで
問い合わせる

LINEで
問い合わせる

現在の機種の型番や設置搬入経路確認のための写真があれば正確なお見積もりが可能です。

タイトルとURLをコピーしました