【エコキュート交換工事施工例】奈良県宇陀市~電気温水器からの交換で専用ブレーカーを設置~

ブログ

エコキュート交換工事の様子や、それにまつわるトラブル事例を紹介するこのコーナー。今回は、奈良県宇陀市にお住まいのH様邸で行った交換工事についてご紹介します。電気温水器からエコキュートに交換する際の施工例です。

<交換工事概要>

【交換前設置EQ】メーカー:三菱

        電気温水器:SRT-5566CFU-BL

        リモコン型式:RMC-6B/RMC-6K

        製品タイプ:角型 > セミオート >標準圧 > 550

【交換後EQ】  メーカー:三菱

        システム型式:SRT-C465

        貯湯ユニット型式:SRT-CT465

        ヒートポンプユニット型式: SRT-MU605-A

        リモコン型式:RMCB-D5SE

        製品タイプ:角型 > セミオート > 標準圧 >460

急な階段は3人工で対応&専用ブレーカーを設置!

今回エコキュート交換のご依頼を頂いてお邪魔したのは、小高い丘の上に戸建てが立ち並ぶ住宅街。急な勾配に建てられたH様邸の玄関には、20段ほどの急な階段がありました。早速搬入経路を確認しますが、搬入出にはこの階段を使うしかありません。重たいタンクを持って急な階段を上り下りすることになるので、今回はスタッフ3人で搬入出の対応をさせて頂くことになりました。

階段を上りきったら広めの通路を通り抜け、回り込んだご自宅裏側にエコキュートは設置されています。電気温水器からエコキュートに交換するためヒートポンプの新設が必要ですが、設置スペースには問題なさそうです。

既設の電気温水器は、三菱の「SRT-5566CFU-BL」。2002年に生産が終了されているセミオートタイプの給湯器です。

新たに設置するエコキュートも同じセミオートタイプなので、配管の追加工事は不要です。既存の配管を利用しました。

脚位置に合わせて基礎にアンカーボルトを打ち込んでから、エコキュートを搬入。

貯湯タンクと、そのすぐ隣に設置したヒートポンプそれぞれに配管を繋いだら設置完了です。

電気温水器からエコキュートに交換したので、エコキュート専用ブレーカーの設置も必要です。さらにその後、関西電力に電気温水器からエコキュートへの変更申請も行っています。

エコキュート本体まで繋ぐ配線工事や、漏電対策のアース工事まで終わったら、最後に試運転を行い施工完了です。

今回新設したエコキュートは、三菱の「SRT-C465」。角型セミオートタイプのエコキュートで、湯はりと連動して脱衣所や浴室の暖房を開始する「あったかリンク」など、便利な機能が搭載されています。

ご検討の際は、下記の寸法を参考にぜひお気軽にお問い合わせください。

【製品寸法】

2160mm × 幅 630mm × 奥行き760mm

エコキュートの交換・買い替えで
お悩みの方は一度ご相談ください

365日、土日・祝日も休まず営業中!
お気軽にお電話ください。






メールで
問い合わせる

LINEで
問い合わせる

現在の機種の型番や設置搬入経路確認のための写真があれば正確なお見積もりが可能です。

タイトルとURLをコピーしました