【エコキュート交換工事施工例】岐阜県養老郡養老町~経年EQをダイキン「EQN37VFV」に交換~

ブログ

エコキュート交換工事の様子や、それにまつわるトラブル事例を紹介するこのコーナー。今回は、岐阜県養老郡養老町にお住まいのW様邸で行った交換工事について紹介します。長い間活躍したエコキュートが故障したということで、ダイキンの人気機種に交換させて頂きました。

<交換工事概要>

【交換前設置EQ】メーカー:コロナ・ユーリッチ

        システム型式:CUF-37M3-C

        貯湯ユニット型式:CFT-37M3-C

        ヒートポンプユニット型式:CFH-45M4-C

        リモコン型式:CFR-M4-C/CFR-B3H-C

        製品タイプ:角型 > フルオート > 標準圧 > 370

【交換後EQ】  メーカー:ダイキン

        システム型式:EQN37VFV

        貯湯ユニット型式:TUN37VFV

        ヒートポンプユニット型式:RQW45UV

        リモコン型式:BRC083C1(標準圧用)

        製品タイプ:角型 > フルオート > 標準圧 > 370

長く使ったエコキュートは早めの交換検討がおすすめ!

既設のエコキュートは、コロナ(ユーリッチ)の「CUF-37M3-C」。2004年モデルのエコキュートということで、10年をとうに越えて活躍してくれたようです。故障してお湯が出ないということで、お問い合わせを頂いた翌日に急いで交換させて頂きました

当社では人気機種の在庫を多数用意していることもあり、今回すぐに施工対応することができました。お客様の「困った」に少しでも応えるため原則「即日対応主義」を心がけておりますが、気温が下がり始める季節など繁忙期にはスケジュールの関係でどうしても施工までにお時間を頂く場合もあります。

私たちのライフラインを支えるエコキュートは、故障してしまうとお風呂に入ることもできず困りますよね。エコキュートの耐久年数は10年程度と言われているので、ある程度使用した段階で、故障する前に買い替えを検討するのもおすすめです

ダイキンの人気機種を設置!

戸建てのW様邸は、ご自宅脇の広々としたスペースにエコキュートが設置されていました。搬入出や作業に必要なスペースが十分確保されているので、すぐに施工スタート。

既設のエコキュートを搬出したら、配管を確認して新しいエコキュートに合わせてアンカーボルトを打ちます。

新しいエコキュートを設置したら、貯湯タンクとヒートポンプそれぞれの配管を繋ぎます。化粧テープや保温材もしっかりと巻きつけます。

漏電対策のアース工事を行い、リモコンを設置したら施工完了です。

ヒートポンプの真上あたりに設置されているのは、太陽光発電システムのパワーコンディショナー。太陽光を利用して発電した電気を家庭用に変換するための機器です。この換気口を塞いでしまわないように、パワーコンディショナーの周辺(上下20cm以内、左右15cm以内)には物を置いてはいけないことになっています。今回交換前より少し大きなヒートポンプを設置したので、このパワーコンディショナーとの間隔もしっかり確認しました。

新しく設置したエコキュートは、ダイキンの「EQN37VFV」。ダイキンだけのパワフル高圧給湯(320kPa)を実現した2020年モデルのエコキュートで、たし湯やたし水をせずに湯温を調整する便利機能「温浴タイム」も搭載されています。

ご検討の際は、下記の寸法を参考にぜひお気軽にお問い合わせください。

【製品寸法】

貯湯タンク:高さ 1825mm × 幅 630mm × 奥行き 730mm

エコキュートの交換・買い替えで
お悩みの方は一度ご相談ください

365日、土日・祝日も休まず営業中!
お気軽にお電話ください。






メールで
問い合わせる

LINEで
問い合わせる

現在の機種の型番や設置搬入経路確認のための写真があれば正確なお見積もりが可能です。

タイトルとURLをコピーしました