劣化について

ホーム > 劣化について

エコキュートの脚が腐る、錆びる等…その経年劣化、放置すると危険かも!?

一般的にエコキュートは、設置から約10~15年後には寿命を迎えると言われていますが、「我が家のエコキュートはまだまだ現役で使えそうだから大丈夫!」と交換を先延ばしにされる方も少なくありません。

しかし、給湯システムに大きな問題が起きていなかったとしても、10年以上使用したエコキュートの各部分は確実に経年劣化しています。

中でも最もよくある経年劣化は、「エコキュートの脚の腐食(錆びたり腐ったりすること)」です。

これは使用方法に関係なく、長年エコキュートを使用していれば十分に起こりえることです。

もし腐食が発生したエコキュートをそのまま放置してしまうと給湯システムに支障をきたすだけではなく、倒壊による事故や怪我を引き起こす恐れがあります。

製品によっては満タン時に500kg以上もの重さになるエコキュートが倒れてくることの危険性は、想像に難くありません。

いずれにせよ、長年同じエコキュートを使用している場合は交換を検討することがベターです。

特に目立った劣化が無かったとしても前述したように10~15年以上使用したら交換するのが理想的ですが、劣化具合によってはエコキュートのモニターに修理や点検を促すエラーコードが表示される場合もあります。

そのため、「エラーコード表示=交換目安」と捉えるのも1つの手と言えるでしょう。

ただし脚部分の腐食や劣化はエラーコードとして表示されないため、気になる場合は業者に依頼する前にまずは設置者様ご自身で脚の状態を確認し、腐敗や錆びが見つかった場合は専門業者に依頼してエコキュートの本体ごと交換することをお勧めします。

「わざわざ交換しなくても、劣化している部分だけ修理すれば良いのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、経年劣化したエコキュートはたとえ一部を修理してもまた別の部分に不具合が出る可能性が高いため、思い切って機種ごと交換した方がランニングコストは削減できると言えます。

何より10年以上経てばエコキュートの性能も省エネ性も飛躍的に向上しており、また保証内容も一新されるため、古い機種を十何年も使い続けるよりは交換した方が結果的に多くのメリットを得られるはずです。

「今のエコキュートを設置してもう10年以上経つ」「最近エコキュートの脚元がガタついて気になる」という方は、どうぞお気軽に当社までお問い合わせください。

長年の経験と実績を活かし、ご相談から交換工事まで丁寧にご対応させていただきます。

今日すぐ使えるように最短で即日スピード取り付け
24時間365日。土日も休まず営業中! 営業時間10:00~19:00
お電話でのお問い合わせはフリーダイヤルをタップ
メールでのお問い合わせはこちら
LINEでのお問い合わせはこちら
【現在の機種の型番】や【設置搬入経路確認のための写真】があればより正確なお見積りが可能です。
型番の確認方法
写真の撮り方