ホーム > 施工事例 > 福岡県久留米市 K様邸
福岡県久留米市 K様邸
三菱 SRT-HPT37WZ2から
三菱 SRT-W465に交換いたしました。
Before
After
施工情報
施工日 2021/05/20
施工前 商品型番 三菱 SRT-HPT37WZ2
タンク容量 370L
圧力 標準圧
機能 薄型・フルオートタイプ
施工後 商品型番 三菱 SRT-W465
タンク容量 460L
圧力 標準圧
機能 角型・フルオートタイプ
お客様からのコメント
設置者 コメント 本日のエコキュート交換工事は福岡県久留米市にお伺いしました。あいにくの雨で、雨具を装着して気を引き締めて工事に取り組む必要があります。まずはいつも通り到着前のご挨拶をお電話にて行います。 お客様のご希望で13時から開始です。10分前に到着し、ご主人に対応して頂きました。 「こんな雨の中悪いね~。大丈夫?」とお気遣いくださりましたが、「大丈夫です。慎重に工事いたします。」とお伝えしました。既設のエコキュートは狭い通路に薄型が設置してありました。人がギリギリ通るスペースでしたが、交換後は薄型ではなく角型のエコキュートを設置希望でした。通路は通れなくなりますが設置するスペースとしてはギリギリ確保できそうです。このようにスペースが際どい設置の場合は事前にお客様に寸法を確認していただいております。お客様にはご負担をかけることにはなりますが、その分低コストで確実な施工をご提供出来るのです。今回のお客様もその点でご了承・ご協力いただきました。施工中、雨が弱まることもなく濡れながら作業を続けていきます。特に重いものを運んだり動かしたりする時は滑らないように慎重に行動します。また細かいネジなども誤って落としてしまうと、雨水で下水道まで流れてしまう可能性もあるので細心の注意が必要です。 既設のエコキュートのアンカーボルト(足の部分)を取り外しますがやはり狭いスペースと雨のせいで苦労しました。新しく設置するエコキュートはまったくサイズが異なるので梱包材に含まれるガイド(アンカーボルトの位置出しに使う実寸図面)を使い正確に位置出しを行います。 特に既設の配管と新規エコキュートの配管の接続作業においては、以前とサイズが異なるためとても正確な作業が必要となります。かなり苦労はしましたが位置出しも完璧にできました。新しい角型のエコキュートもジャストフィットで設置完了し、試運転を行います。最後はいつものようにお客様に水漏れや機材に損傷がないかご確認していただき、操作説明とメンテナンスなどご説明をして完了となります。「こんな雨の中本当にありがとうございました。」とお礼を頂きました。この一言でつらい作業も報われます。今日も良い仕事が出来てよかったです。