ホーム > 施工事例 > 宮崎県宮崎市 H様邸
宮崎県宮崎市 H様邸
三菱 SRT-HPT46WX4から
パナソニック HE-NS46KQSに交換いたしました。
Before
After
施工情報
施工日 2021/06/06
施工前 商品型番 三菱 SRT-HPT46WX4
タンク容量 460L
圧力 標準圧
機能 角型・フルオートタイプ
施工後 商品型番 パナソニック HE-NS46KQS
タンク容量 370L
圧力 標準圧
機能 角型・フルオートタイプ
お客様からのコメント
設置者 コメント 本日のエコキュート交換工事は宮崎市にお伺いしました。予定到着時間は10時ですが会社から遠いお宅で朝6時頃に会社を出発しました。途中渋滞もなく予定通り10時頃到着し、ご挨拶に伺うと奥様にご対応頂きました。遠くからありがとう、疲れたでしょと気遣ってくださり、お茶をいただきましたので一杯飲んでから開始いたしました。
まずは既設のエコキュートを分解して取り外します。分解といっても一部です。タンクには水が満杯なので、まずはこの水を20分ほどかけて抜きます。その後は8本前後ある配管と、配線なども切断します。最後にコンクリート基礎に固定してあるアンカーボルトを取り外します。アンカーボルトとは、エコキュートとコンクリート基礎を固定している足金具のことです。10年以上経過している場合は大抵、金具がサビており簡単には外せません。今回のアンカーボルトもかなりのサビで取り外すのにとても苦労しました。
屋内ではもう一人がリモコンの交換を行います。台所とお風呂場の2箇所です。お風呂場の方は水が侵入しないように樹脂でしっかりとコーキングします。屋内作業から戻って二人揃ってからエコキュートを運び出します。運び出す距離はかなりあったので一度降ろして運び出しました。次は新規のエコキュートを運び込んで設置に取り掛かります。設置前にコンクリート基礎に新しいアンカーボルトを打ち込みます。実寸大の図面を元に電動ドリルで穴を開け、アンカーボルトをハンマーで打ち込みます。搬出時と同じ要領で新規エコキュートを搬入しました。コンクリート基礎の手前で一旦降ろします。再度お互いの息を合わせて持ち上げてから、アンカーボルトに合わせて降ろします。うまくアンカーボルトに設置できました。すぐにたくさんの配管を次々につなぎ合わせていきます。金属の配管や樹脂の配管をそれぞれ適切な方法で繋ぎます。
全ての作業が済んだら試運転開始となります。試運転は約20分程度となります。試運転では空気が抜けるまで水を循環させます。また同時に水漏れがないかチェックします。水漏れチェックは毎回お客様に同席して頂きます。屋内ではリモコンの操作方法をご説明し、最後にメンテナンス方法、注意事項などご説明しました。「遠くまで来てくれてありがとう、こんなんで悪いけど食べていって」とお茶やお菓子を頂きました。汗がダラダラ垂れるような状態でしたので、冷えたお茶が本当においしかったです。