ホーム > 施工事例 > 福岡県福岡市 S様邸
福岡県福岡市 S様邸
三菱 SRT-46W2から
三菱 SRT-W375に交換いたしました。
Before
After
施工情報
施工日 2021/06/11
施工前 商品型番 三菱 SRT-46W2
タンク容量 460L
圧力 標準圧
機能 角型・フルオートタイプ 電気温水器
施工後 商品型番 三菱 SRT-W375
タンク容量 370L
圧力 標準圧
機能 角型・フルオートタイプ
お客様からのコメント
設置者 コメント 本日のエコキュート交換工事は福岡市にお伺いしました。いつものようにご訪問前にお電話でご連絡を入れます。到着は9時少し前となりました。立ち会いにはご主人がご協力してくださいました。少し小雨が降る中、早速作業を進めていきます。
既設の電気温水器からエコキュートへの交換でしたので、二人で効率よく作業を進めました。電気温水器からエコキュートへの交換時は電力会社への申請手続きが必要になります。特にブレーカーは交換前後の写真も必要になるので注意が必要です。他にも電柱など10点ほどの写真を確保します。続けて、屋内でリモコンの交換も行います。その間、屋外では電気温水器の水を抜いて、配管などを切断、分解していきます。最後に足に取り付けられたアンカーボルト(金具)を撤去します。毎回の事ではありますが、金具が長い年月で腐食しており、取り外すのに苦労します。
二人揃ったところで電気温水器を外に運び出します。搬出経路は比較的スペースがありましたので、あとは雨で滑らないよう注意して搬出しました。とても重い電気温水器でしたが無事搬出できました。コンクリートの基礎を綺麗に掃除して、新しいアンカーボルトを設置します。その際は梱包材に含まれる実寸大の図面を使用します。電動ドリルでコンクリートに穴を開けてアンカーボルトの設置完了です。準備が整ったのでエコキュートを搬入します。コンクリート基礎の手前まで運んで一旦降ろしました。少し息を整え、お互い声掛けを行いながらエコキュートを持ち上げて、アンカーボルトに慎重に設置します。エコキュートには、電気温水器には無い、ヒートポンプという機材(熱交換器)が追加設置になるので、場所はご主人と相談して決めました。エコキュートとヒートポンプ、お風呂の配管など次々に接続していきます。
最後に試運転に入ります。試運転では水漏れがないかチェックします。中の空気が抜けるまでしっかりと試運転します。水漏れに関しては毎回お客様にもご確認して頂きます。屋内ではリモコンの操作方法をご説明し、各蛇口から水を流して異常がないかチェックします。今回も無事全ての工程を終えました。
4時間後にはお風呂に入れる事をお伝えすると「久々の自宅風呂は楽しみですね。」と喜んでくださいました。