【エコキュート交換工事施工例】神奈川県横浜市戸塚区「プライズヒル」~床暖房の配管を閉塞&ダイキン「EQX37XFV」を設置~

エコキュート交換工事の様子や、それにまつわるトラブル事例を紹介するこのコーナー。今回紹介するのは、神奈川県横浜市戸塚区にある「プライズヒル」にお住まいのK様邸で行った交換工事の様子。床暖房機能がついたエコキュートを交換した際の施工例です。

<交換工事概要>

【交換前設置EQ】

メーカー:日立

システム型式:BHP-FPY46DULB

貯湯ユニット型式:BHP-TDPY461LB

ヒートポンプユニット型式:BHP-HD603

製品タイプ:角型 > フルオート > 標準圧 > 460

 


【交換後EQ】

メーカー:ダイキン

システム型式:EQX37XFV

貯湯ユニット型式:TUX37XFV

ヒートポンプユニット型式:RQWX45XV

リモコン型式:BRC083F1

製品タイプ:角型 > フルオート > 高圧 > 370

目次

床暖房用の配管を閉塞してベランダ設置のタンクを交換

今回交換工事に訪れたのは、神奈川県横浜市戸塚区にあるマンション「プライズヒル」。最寄り駅のJR東海道本線戸塚駅から徒歩11分の立地で、閑静な住宅街にある人気マンションです。交換工事のご依頼を頂いたK様のご自宅は同マンションの地上8階。エレベーターを使ってタンクの搬出入を行います

エコキュートが設置されているのはベランダです。搬出入時には宅内を通る必要があるため、玄関や廊下の寸法もすべて確認しておきます

既設のエコキュートは、日立の「BHP-TDPY461LB」。浴室暖房乾燥/床暖房機能が付いた角型フルオートタイプのエコキュートです。

K様のご自宅では床暖房をあまり使っていないとうこともあり、今回の交換を機に床暖房用の配管は閉塞して新しくフルオートタイプのエコキュートを設置することになりました

ダイキン「EQX37XFV」を設置

まずは既設のタンクを撤去して基礎や配管をきれいに整えます。新しいタンクの脚位置に合わせてアンカーボルトを打ち込み、エコキュートを運び入れます。

ヒートポンプの高さが高くなったので、タンクの前に設置することになりました。本体が設置できたら、それぞれに配管や配線を繋ぎ合わせます。

マンションの規定でタンク付近の雨樋には防水施工を行う必要があったので、雨樋と床シートの間をシーリング材で充填しました

最後に漏電対策のためのアース工事と試運転を行って施行完了です。

新たに設置したのは、ダイキンの「EQX37XFV」給湯省エネ事業の補助金対象商品です。ご検討の際は、下記の寸法を参考にぜひお気軽にお問い合わせください。

【製品寸法】

1825mm × 幅630mm × 奥行き730mm

関連記事