【エコキュート交換工事施工例】福島県いわき市~床暖房の配管を閉塞&ダイキン「EQ46VFHV」を設置~

交換工事レポート
簡単10秒!地域の選択だけ 在庫・納期シミュレーター 簡単10秒!地域の選択だけ 在庫・納期シミュレーター

エコキュート交換工事の様子や、それにまつわるトラブル事例を紹介するこのコーナー。今回は、福島県いわき市にお住まいのT様邸で行った交換工事について紹介します。お客様のご要望で、エコキュートの交換と共に床暖房の配管を閉塞させて頂きました。

<交換工事概要>

【交換前設置EQ】

メーカー:三菱

システム型式: SRT-HP46WS1

貯湯ユニット型式:SRT-HPT46WS1

ヒートポンプユニット型式:SRT-HPH1 

リモコン型式:RMC-BD1/RMS‐KD1/RMC‐HP3S

製品タイプ:角型 > フルオート >標準圧 > 460


【交換後EQ】

メーカー:ダイキン

システム型式:EQ46VFHV

貯湯ユニット型式:TU46VFHV

ヒートポンプユニット型式: RQW60UAHV

リモコン型式:BRC083C1(寒冷地用)

製品タイプ:角型 > フルオート > 高圧 >460

床暖房の配管を閉塞してエコキュートを設置!

今回ご依頼頂いたT様邸は、福島県いわき市にある一軒家です。まずは、搬入経路の確認から。7段の階段を上がった玄関脇の門を開け、お庭に続く通路を進みます。

二つ目の門を開けて庭に入り、奥のご自宅脇にエコキュートが設置されています。

タンク前のスペースはあまり広くありませんが、搬入経路・設置位置ともに問題はなさそうです。

既設のエコキュートは、三菱の「SRT-HP46WS1」。2006年に発売された床暖房付きのエコキュートで、かなり長いあいだ活躍してくれたことがわかります。今回は、T様からのご要望でエコキュートの交換と共に、床暖房の配管閉塞も行います。

まずは既設のエコキュートを撤去し、基礎と各配管を確認します。さらに新設タンクの脚位置に合わせてアンカーボルトを打ち込んだら、新しいエコキュートの搬入です。

ここで床暖房に繋がる配管を閉塞しました。キャップナットで閉塞した配管と絶縁した配線は、T様のご希望によりタンクの外に出してあります。

貯湯タンクとヒートポンプに各種配管を繋ぎ合わせたら、エコキュートの設置は完了です。

もちろん最後に漏電対策のアース工事と試運転を行い、設置したエコキュートが問題なく使えるかどうか確認します。

今回新たに設置したエコキュートは、ダイキンの「EQ46VFHV」。寒冷地仕様、フルオートタイプのエコキュートで、台所と浴槽で異なる温度設定ができる「ツイン給湯」や好みの湯温モードが選べる「温浴タイム」などの便利な機能が搭載された人気機種です。

ご検討の際は、下記の寸法を参考にぜひお気軽にお問い合わせください。

【製品寸法】

貯湯タンク:高さ 2175mm × 幅 630mm × 奥行き730mm

エコキュートの交換・買い替えで
お悩みの方は一度ご相談ください

365日、土日・祝日も休まず営業中!
お気軽にお電話ください。

メールで
問い合わせる
LINEで
問い合わせる

現在の機種の型番や設置搬入経路確認のための写真があれば正確なお見積もりが可能です。

交換工事レポート
エコキュート交換専門のyhs株式会社
タイトルとURLをコピーしました