エコキュート

災害時におけるエコキュートの働きを徹底解剖!注意点も併せてチェック!

エコキュート

私たちに必要不可欠なお湯を日々提供してくれるエコキュートですが、万が一台風や地震に見舞われ、停電や断水が起きた時でも同じように活用できるのでしょうか。
実は使い方さえ心得ておけば、災害時でも貯湯タンク内の水またはお湯を使うことは可能です。
そこで今回は、災害時のエコキュート活用方法から注意点までを詳しく見ていきましょう。

災害時にもエコキュートは使える?パターン別にチェック!

停電時にお湯を沸かすことは可能?

停電時にお湯を沸かすことは出来ませんが、停電前に沸かしておいたお湯をシャワーや食器洗いに使用することは可能です。
ところで、当コラムを読まれている方の中には「魔法瓶」と呼ばれる保温性、保冷性に優れた水筒やポットを愛用されている方も多いのではないでしょうか。
魔法瓶の保温性の高さの秘密は、外瓶と内瓶を重ねて作る二重構造にあります。
この二重構造により瓶の内部が真空状態になることで、熱が外に逃げるのを防いでいます。

実はエコキュートの貯湯タンクも魔法瓶によく似た構造をしているため、お湯を沸かしてからしばらくの間は、温かいお湯を使うことが可能となっています。
ただし停電時は湯温調節ができないため、蛇口をひねるといきなり高温のお湯が出てくる場合もあります。
貯湯タンク内のお湯を使いたい時は必ず事前に湯温をチェックし、もし熱ければ浴槽に一度貯め、ある程度冷ましてから使うなどの工夫が必要です。

断水してもお湯は使える?使えるとしたら何日分?

断水時は停電時と違い、貯湯タンクへの水の供給が絶たれてしまうため、シャワーや蛇口からお湯を出すことはできません。
しかし貯湯タンク内に水が残っていた場合は、生活用水として使用することが可能です。

実際に断水を経験された方によると、断水時最も困ったこととして挙げられるのは
「トイレを流せない!」「顔が洗えない!」「コップやお皿が洗えない!」など、
そのほとんどが普段は当たり前のようにできていることです。
このように「当たり前なこと」に水が使えない状態が何日も続いてしまうと、
衛生面だけではなく精神面にも大きなダメージを受けてしまいますよね。
その点エコキュートを設置していれば、貯湯タンク内に水がしっかり貯まっている場合、数日間は最低限の生活用水をまかなえると言われています。

家族の人数によっても異なりますが、例えば4人家族で容量460Lの貯湯タンクを設置していた場合は、約3~4日分の生活用水を日ごろから備蓄していることになります。
エコキュートを選ぶ際は性能や見た目だけではなく、「家族の人数に対し十分な容量を備えているか否か」という点を重視することも大切だと言えるでしょう。
断水時にエコキュートから水を取り出す方法については、後ほど詳しく説明していきます。

停電時/断水時に貯湯タンク内のお湯を飲むことは可能?

正直に申し上げますと、平常時、非常時に限らず貯湯タンク内のお湯を飲むことは
あまりお勧めできません。
通常、水道水にはカルキなどの殺菌成分が含まれていますが、エコキュートで湯沸かしを行うことで、この成分が薄れてしまうと言われています。
そうなった場合、国が指定する安全基準に満たない水になってしまうというのが、
貯湯タンク内のお湯を飲むことをお勧めしない理由の一つです。
また、基本的に貯湯タンク内は真空になっており滅菌状態が保たれていますが、
長期間使用している場合、微かなゴミや水垢がタンク内に沈殿している可能性もあります。

これらを踏まえ、安全面と衛生面の両方を考慮した上で、多くのメーカーは「貯湯タンク内のお湯は飲料用に適さない」との見解を出しています。
とはいえ、「赤ちゃんにあげるミルク用のお湯が欲しい!」「真夏に断水したせいで脱水症状を起こしそう…」など、停電中や断水中に一刻を争う事態に見舞われる可能性もゼロではありません。
そのような状況下でどうしても貯湯タンク内のお湯を飲料用にしたい場合は、 しっかり煮沸処理を施してから飲まれることをお勧めいたします。
「我が家はIHクッキングヒーターを使っているから、停電したら煮沸もできない…」という場合は、平常時からカセットコンロやガスボンベを備蓄しておくと安心です。

エコキュートを非常時に使う際の注意点

断水時にエコキュートから水(お湯)を取り出す際のポイント

断水時はシャワーや蛇口から水(お湯)を出すことはできないため、貯湯タンクに付いている非常用取水栓から汲み取る必要があります。
その場合、押さえてくべきポイントは以下になります。

➀水を汲み取るためのバケツを用意しておく
②漏電を防ぐため、貯湯ユニットのブレーカーはOFFにしておく
③水量の減少や汚れの混入を防ぐため、給水配管専用止水栓は必ず閉める ④水道が復旧するまでは、洗面所や台所の蛇口は開けない

この4つのポイントをしっかり押さえたら、貯湯ユニット下部に付いている非常用取水栓を慎重にひねり、バケツで水を汲み取ってください。
タンク内の水が熱湯だった場合、万が一手にかかると火傷してしまう危険性もあるため、不安な方は汲み取る時にホースを使用すると良いでしょう。

当コラムでは大まかな流れを説明していますが、各メーカーによって非常用取水栓の位置や手順が微妙に異なる場合があります。
そのため断水時に備えて事前に説明書やHPで確認し、余裕があれば一度平常時に実践してみることをお勧めいたします。
実際に断水した時でも冷静に対応できるよう、日ごろから水の取り出し方を心得ておくことが大切です。

「断水が解除された!」その後の手順&注意点

断水が解除されたからと言って、すぐにエコキュートを稼働してしまうのは危険と言えます。

通常、水道管内は水と水圧で満たされています。
しかし断水が数日続くと水道管内に空気が入り込み、ゴミや汚れの混入、または錆びの発生を引き起こす場合があります。
そのため、断水が解除されたらまず初めに蛇口(屋外に散水栓などがあればその蛇口を、なければ洗面所やキッチンの蛇口)を開き、汚れた水が出てくるようであれば、綺麗な水に変わるまでしばらく排出しておきましょう。
エコキュート本体の水栓の開閉よりも、まずはこの「洗管作業」を先に終わらせることが大切です。

もし断水解除からすぐにエコキュートを使用してしまうと、ゴミや錆びを含んだ水が機器内部に回り、故障を引き起こす原因となる場合があります。
「水道が使えるようになったと思ったら、今度はエコキュートが故障した…」なんてことにならないためにも、断水解除後はまず蛇口から水を出すことを心掛けておきましょう。

基礎工事をしっかり行うことは地震対策にもつながる!

当記事を読み進めていく中で、「エコキュートがあれば停電や断水が起きても安心!」と思われた方も多いかもしれません。
しかし水が使える、使えない以前に、「地震によってエコキュートが倒れてしまった」というケースが近年の災害時ではいくつか報告されています。
そして、その際に倒れたエコキュートのほとんどは、設置時に簡易的な基礎工事しか
施されていなかったということが後から分かっています。
いくら格安を謳っていたとしても、ずさんな工事を行う施工店を選ぶことは避けたいですよね。

災害時に追い打ちをかけるような思わぬトラブルに見舞われないためにも、工事料金や工事内容などは事前にしっかり施工店に確認しておきましょう。
疑問点を全てクリアにし、「ここなら安心して任せられる!」と思えるような施工店を見つけることが大切です。

まとめ

災害時にエコキュートを活用するためには、「使用可能な用途」や「水を取り出すときの手順」など、覚えることが沢山あるように感じた方も多いのではないでしょうか。
しかし、それらをきちんと把握しておけば、エコキュートは有事の際の心強いライフラインとなってくれるでしょう。

設置者の方の疑問や不安を最大限解消できるよう、当社は引き続きエコキュートへの知見を深めてまいりたいと思います。
「もっと詳しく知りたい!」という場合は、どうぞお気軽に各メーカーまたは当社までお問い合わせください。

エコキュート価格表|エコキュート交換専門のyhs株式会社
エコキュート価格表|エコキュートの交換ならyhs株式会社にお任せ下さい。最短で即日交換可能、特急専門店です。グループ施工件数10,000件以上の豊富な実績、安心施工、メーカー交渉による最安値での仕入れを可能。故障したエコキュートの交換工事、修理、設置のご相談はyhsへ
読者登録・解除フォーム
読者登録をすると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

登録ボタンを押すと確認メールが届きますので、メールのご確認をお願いいたします。
エコキュート交換専門のyhs株式会社
タイトルとURLをコピーしました