【エコキュート交換工事施工例】埼玉県富士見市~トラックの荷台上からタンクを搬出入&ダイキン「EQX46XFTV」を設置~

エコキュート交換工事の様子や、それにまつわるトラブル事例を紹介するこのコーナー。今回紹介するのは、埼玉県富士見市にお住まいのI様邸で行った交換工事の様子。狭小スペースに設置されたエコキュートを交換するため、フェンスを脱着してトラックの荷台上からタンクの搬出入を行った施工例です。

<交換工事概要>

【交換前設置EQ】

メーカー:日立

システム型式:BHP-FSV46FD

貯湯ユニット型式:BHP-TASV461

ヒートポンプユニット型式:BHP-HAV601

製品タイプ:薄型 > フルオート > 水道直圧 > 460

 


【交換後EQ】

メーカー:ダイキン

システム型式:EQX46XFTV

貯湯ユニット型式:TUX46XFTV

ヒートポンプユニット型式:RQWX60XV

リモコン型式:BRC083F1

製品タイプ:薄型 > フルオート > 高圧 > 460

目次

フェンスを脱着してトラックの荷台上からタンクを搬出入

今回交換工事に訪れたのは、埼玉県富士見市。埼玉県の南西部に位置し、さいたま市や川越市に隣接する市です。交換工事のご依頼を頂いたI様のご自宅は、閑静な住宅街の中心にある立派な一軒家。5段程度の階段を上った場所に玄関があります。

エコキュートは玄関のすぐ横にある通路を進んだ家屋脇に設置されていました。

 

ヒートポンプはタンクのさらに奥、ご自宅裏側に設置されています。

通路は人がギリギリ通れるくらいの幅ですが、途中に物置やガスメーター、雨樋などの障害物が多く、エコキュートのタンクを抱えて通るのはかなり難しい状態です。駐車スペースに停めたトラックの荷台の上からタンクの搬出入を行うことになりました

既設のエコキュートは、日立の「BHP-FSV46FD」。2008年に発売された薄型フルオートタイプのエコキュートです。エラーコード「Er54」が表示されて追い焚きができなくなってしまったというご連絡を受け、交換対応させて頂くことになりました。

ダイキン「EQX46XFTV」を設置

まずは既設のタンクを撤去します。水抜き等の処理を行いタンクを運び出したら、基礎や配管を整えてアンカーボルトを打ち込みます。

続いて周りにぶつからないように気をつけながら、狭い通路を通って新しいエコキュートを搬入します。

新しいエコキュートが設置できたら、タンクとヒートポンプのそれぞれに配管や配線を巻きつけます。最後にアース工事を行います。

新たに設置したのは、ダイキンの「EQX46XFTV」。スピーディーに湯はりが行えるパワフル高圧タイプのエコキュートです。ご検討の際は、下記の寸法を参考にぜひお気軽にお問い合わせください。

【製品寸法】

2173mm × 幅1075mm × 奥行き438mm

関連記事