エコキュート

エコキュートの設置工事ってどうやるの?施工手順を調べてみた!

エコキュート

エコキュートを家庭に導入するためには設置工事が必要不可欠ですが、「どんな流れで」「どれくらいの費用で」など、詳しい内容は意外と知らない方が多いのかもしれません。
工事手順や費用を事前にしっかり理解しておけば、設置に向けた施工店との意思疎通もスムーズに行える可能性が上がります。
安心かつ快適なエコキュートライフを過ごすためにも、設置前から設置完了までの主な流れをチェックしていきましょう。

エコキュート設置前に確認すべきこと

まずは設置スペースの確認&確保

エコキュートの設置を決めたら、まずは設置に適したスペースを見つけることが大切です。
エコキュートには「貯湯ユニット」「ヒートポンプユニット」の2つの機器があるため、この両方を設置できるスペースが必要になります。
しかし、あまりにも狭い場所に設置してしまうとメンテナンスができなかったり、
場合によっては保証適用外になることもあります。
そのため、メーカーのほとんどは設置した際の障害物との距離及び、貯湯ユニットとヒートポンプユニット間の距離に規定を設けています。
メーカーごとに微妙に違いはあるものの、障害物(壁など)との距離は10~30cm、
貯湯ユニットとヒートポンプユニット間の距離は30~60cmが目安となっています。

次に、各ユニットのサイズについて見ていきましょう。
貯湯ユニットのサイズは貯水容量によって若干異なりますが、スタンダードな「角型タイプ」の場合、平均で高さ2m前後、奥行き70cm前後、幅60cm前後と言われています。
一方ヒートポンプユニットは、高さ60cm前後、奥行き30cm前後、幅60cm前後と、エアコンの室外機と同程度である場合がほとんどです。

これらのサイズが収まり、かつ既定の距離を保てるスペースに設置することが理想的ですが、「敷地の幅が足りない!」「置けるけど見映えが良くない…」などの事情により、
中々設置場所を決められない方も多いのではないでしょうか。
もしサイズが設置する上でのネックになっている場合は、近年増えてきている「薄型タイプ」の貯湯ユニットを選ぶという手もあります。
薄型は角型に比べてやや初期費用がかさみますが、奥行きが40cm前後と非常に薄く、
また見た目もスタイリッシュなデザインのものが多数用意されています。

エコキュートの導入を決めてから設置するまでの間は施工店とよく話し合い、「我が家の敷地内に収まるのはどのタイプか」「予算はどれくらい必要か」などの疑問点は、早めに解消しておくことが肝要と言えるでしょう。

旧給湯システムの撤去

設置するエコキュートのタイプと設置場所を決めたら、いよいよ待ちに待った設置工事…といきたいところですが、その前にこれまで使っていた灯油ボイラー、ガス給湯器、電気温水器、または寿命を迎えたエコキュートなどの旧給湯システムがあれば、それらを撤去する必要があります。

エコキュートを以前から使用していた場合は、撤去も新品の取り付けも同じ業者が行うことが多いため、これといって特に心配する必要はありません。
しかし、ガス給湯器や電気温水器の場合は、専門の業者に撤去依頼の連絡を入れておき、エコキュートの設置前に撤去を行う必要があります。

灯油ボイラーも同様の作業が必要ですが、もしタンクの中に灯油が残っていた場合、
量に応じて処分費用がかかってしまう場合があります。
ファンヒーターやストーブなどの灯油を使う機器をお持ちの場合は、なるべく使い切ってから撤去することをお勧めいたします。
もし暖房器具を使う機会のない夏場であれば、キャンプなどのレジャーな場面で使う
ランタンの燃料にする、というのも良いかもしれませんね。

基礎工事には2パターンある?どちらがより安心?

エコキュートの設置において、最重要と言っても過言ではないのが基礎工事です。
基礎工事には鉄筋を組み、コンクリートを流し入れて土台を作る「現場打ち」と、
既に出来上がっている専用のコンクリートを組み合わせて作る「エコベース」の2通りの施工法があります。

現場打ちだと完成まで約2~5日は要するのに対し、エコベースの場合はほぼ1日で工事が終わるため、「早くエコキュートを設置したい!」という方には、後者の方が魅力的に映るかもしれません。
しかしエコベースはその構造上、地盤が弱い土地での固定は難しいと言われています。
地中に耐震プレートをしっかり打てば、一定以上の耐震基準をクリアすることは可能ですが、 やはり地盤の強弱に関わらず高い耐震性を誇っているのは、エコベースよりも現場打ちだと言えます。

基礎工事をしっかり行えば、エコキュートの交換時期が来ても土台はそのままに、
本体のみを交換するだけで済みます。
施工法を決める際は担当の業者とよく話し合い、長い目で見て「住んでいる場所により適している」「より安心できる」と感じた方を選ぶと良いでしょう。

いよいよ設置!注意点や費用もまとめてチェック

エコキュートを使うためには配管工事が必要不可欠

基礎をしっかり固めたら、次は配管工事が必要になります。
エコキュートの設置以前に電気温水器や給湯器を使っていた場合は、今まで使っていた配管をそのまま使い続けることも可能です。
しかし、今まで使っていた給湯器とは違う場所にエコキュートを設置する場合には、
新たな配管を作るための工事が必要となります。
そのため、エコキュートを設置する際には、配管の位置も確認してから場所を決めることをお勧めします。

エコキュートにおける配管工事には、貯湯ユニットとシャワーや蛇口を繋げる「給水配管工事」、タンク内のお湯を浴槽に送るための「追い焚き配管工事」(追い焚き機能のあるエコキュートに限る)、タンクからきちんと排水が行われるようにする「排水配管工事」の3つがあります。

給水配管や追い焚き配管は、以前から使用しているものがあれば引き続き使用することが可能です。
しかし既に長期間使用していたり、水垢が溜まっている場合は故障リスクもあるため、エコキュートの設置に合わせて新品に替えることをお勧めいたします。

ちなみに配管工事にかかる時間は約3~5時間ですが、その間は断水が発生するため、シャワーや蛇口を使用することができなくなります。
工事の日は水を何杯かのバケツに貯めておくなど、あらかじめ対策をとっておくと良いでしょう。

待ちに待った本体設置!配線もしっかりチェック!

全ての配管工事が終わったら、ついにエコキュートの本体を設置します。
貯湯ユニットとヒートポンプユニットを設置予定スペースまで運んだら、基礎工事で固めた土台の上に、底が平らになるように取り付けていきます。

2つのユニットを土台に固定したら配線工事に入るのですが、この配線工事こそ、最も施工ミスが起きやすい工程と言われています。
エコキュートを稼働させるためには、貯湯ユニットの電源線とアース線、ヒートポンプユニットの電源線とアース線、キッチンと浴室に設置するリモコン用の信号線…など、複数の配線が必要となります。
そのため少しでも絡まったり、配線の順序を間違えてしまうと、リモコンが正常に動作せずエコキュートが稼働しない、という不具合を起こしてしまう場合があります。

本体設置も配線も全て業者が行うからといって丸投げにせず、「ヒートポンプユニットが傾いていないか」「この配線の位置は間違っていないか」など、気になることがあれば逐一確認するように心掛けておきましょう。

新規で設置する場合の費用/買い替えた場合の目安費用

エコキュートを初めて導入する場合の設置費用は、エコキュートの本体代を含めると40~60万円と言われています。
エコキュートをもう既に設置しており、本体のみを交換するという場合は、本体代と取り換え工事費を合わせて30~50万円が目安となっています。

初めての導入時であれば前もって予算を把握しておくことができますが、
問題は今まで使っていたエコキュートが故障してしまい、急遽買い替えなければいけなくなった時です。
思わぬタイミングの出費に「家計が苦しい~!」なんてことにならないためにも、
エコキュートは設置から10~15年経過したら、たとえ故障していなくても買い替えの予定を立てた方が良いと言えるでしょう。

まとめ

今回は、エコキュートの設置前から設置完了までの主な流れをチェックしていきました。
基本的に施工の全ては業者に委託する場合がほとんどですが、設置者側も最低限の工事内容は把握しておくことが大切ということが分かりましたね。
設置をお考えの方にとって、当コラムが少しでも不安解消のきっかけになれば幸いです。

読者登録・解除フォーム
読者登録をすると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

登録ボタンを押すと確認メールが届きますので、メールのご確認をお願いいたします。
エコキュート交換専門のyhs株式会社
タイトルとURLをコピーしました