エコキュート業者選び【10大ポイント】損をしないための選び方とは?

エコキュート
簡単10秒!地域の選択だけ 在庫・納期シミュレーター 簡単10秒!地域の選択だけ 在庫・納期シミュレーター

施工管理部 大阪施工センター長(監修者)仲井 康朗

施工管理者 仲井 康朗 です。
給湯器工事に携わって10年。日々エコキュートの施工管理を行う傍ら、 お客様にエコキュートの情報をお伝えする当ブログの監修もしています。

保有資格
第二種電気工事士免状 第 164447号
液化ガス設備士免状 大阪府 142762005【LPG】
ガス簡易内管施工士資格証 15990024【都市ガス】
ガス可とう管接続工事監督者講習修了証 27130129【都市ガス】

エコキュートの業者選びは、もうお済みでしょうか?
エコキュートを販売している業者にも、ハウスメーカー、家電量販店、リフォーム業者、インターネット専門店などがあります。
それぞれの業者にメリットやデメリットがあるため、メーカーや機種選びと同様に、慎重に選ぶ必要があります。
今回は、エコキュートの販売業者の選び方について、詳しくご紹介します。
メリットやデメリット、選び方のポイントや、業者を選んだ後の流れなど、興味がある方はぜひチェックしてください。

  1. エコキュートの取り付け業者の種類
    1. ①ハウスメーカー
      1. ハウスメーカーでエコキュートを購入するメリット
      2. ハウスメーカーでエコキュートを購入するデメリット
    2. ②家電量販店
      1. 家電量販店でエコキュートを購入するメリット
      2. 家電量販店でエコキュートを購入するデメリット
    3. ③リフォーム業者
      1. リフォーム業者でエコキュートを購入するメリット
      2. リフォーム業者でエコキュートを購入するデメリット
    4. ④インターネット専門店
      1. インターネット専門店でエコキュートを購入するメリット
      2. インターネット専門店でエコキュートを購入するデメリット
  2. エコキュート新設で大切な業者選びのポイント
    1. ポイント①:10年サポートは「製品」と「工事」も対象になっているか
    2. ポイント②:サポート利用時の修理代(部品代・出張費を含む)は無料か
    3. ポイント③:修理回数、修理上限金額に制限があるか
    4. ポイント④:24時間365日対応してくれるかどうか
    5. ポイント⑤:ホームページは更新されているか
    6. ポイント⑥:住んでいる場所が対応エリアに入っているのか
    7. ポイント⑦:エコキュートの在庫は確保されているのか
    8. ポイント⑧:施工実績が豊富な業者が安心
    9. ポイント⑨:詳しい商品知識・対応力があるか
    10. ポイント⑩:口コミで高評価を得ているか
  3. エコキュート設置業者に目星がついた後の流れ
    1. 実際にエコキュート設置業者へ問い合わせをおこなう
    2. 現地調査をしてもらう
    3. 見積もりを比較して業者を決める
  4. 理想の業者に出会えた!工事前に確認しておきたいこと
    1. エコキュート設置工事の予定時間
    2. 見積もり外の追加工事費用について
    3. エコキュート本体の発送時期はいつなのか
    4. 設置予定エコキュートの型式
  5. 新設後は何年で交換?エコキュートの交換時期
    1. 故障が増えてきた場合も交換へ
  6. まとめ

エコキュートの取り付け業者の種類

前述したようにエコキュートは業者によってメリットやデメリットがあり、慎重に選ぶ必要があります。まずは各業者の特徴やメリット、デメリットについてチェックしていきましょう。

①ハウスメーカー

ハウスメーカーとは、主に「注文住宅の販売を、全国的に展開している会社」を指します。
生産体制が整っており、施工規格も統一されているため、一定の品質を保てるという特徴があります。

ハウスメーカーでエコキュートを購入するメリット

ハウスメーカーを経由してエコキュートの購入・設置が可能です。
他に業者を挟まなくても、エコキュートの設置まで依頼できることはメリットに感じれるのではないでしょうか。
購入からしばらく経っていても、家に関することなら相談に応じてくれるでしょう。
現在住んでいる家を建ててくれたという信頼感や、話が早い点がメリットです。
リフォーム部門があれば、家を建てた業者でなくとも応じてくれることがあるでしょう。
また、展開規模が大きく、一定基準以上のクオリティが保たれている点も安心できる点と言えます。

ハウスメーカーでエコキュートを購入するデメリット

ハウスメーカーは、エコキュートに限らず様々な設備を取り扱っています。
ただ、エコキュート専門の業者ではないため、エコキュートの専門知識を持ったスタッフが在籍していないケースもあるでしょう。
その場合、取り扱いの機種が少なく、製品の不明点や工事日の確定など、回答までに何かと時間がかかるところがあるかもしれません。
また、エコキュート本体や工事費用に関しては、やや割高になる傾向があります。

②家電量販店

家電量販店とは、テレビやパソコンなどの家電製品を販売する小売店です。
主に大手企業が経営しているものを指し、個人経営は電器店と区別されます。
駅近くや大型ショッピングモールに店舗を構えていることもあり、多くの人にとって身近な存在です。

家電量販店でエコキュートを購入するメリット

家電量販店は多くの人の生活圏内にあるため、購入までのハードルが低いところがメリットです。
入店して実際の商品を見る、スタッフと相談しながら決める、価格交渉するといったこともできます。
スタッフの顔が見え、大手であれば安心感もあるでしょう。
また、家電量販店には独自のポイントサービスを実施しているところが多くあります。
ポイントを貯めたり、貯まっているポイントを使って、店頭価格より安くエコキュートを導入できたりするかもしれません。
さらに家電量販店では、タイミングによってはセール価格でエコキュートを販売しています。
そういった売り出し機種を選べば、リーズナブルな価格でエコキュートを購入できるでしょう。

家電量販店でエコキュートを購入するデメリット

家電量販店は、取り扱う電化製品の数が多いため、必ずしもエコキュートに詳しいスタッフが在籍しているとは限りません。
また、大手ほど購入希望者も多いため、時期によってはエコキュートの工事までに時間がかかるケースもあるでしょう。
さらに、家電量販店はリーズナブルなイメージがあるものの、セールになっている売り出し機種以外は、突出して安いというわけではありません。
ポイント還元サービスを実施している店舗も多い一方で、現金値引きではないため、普段からその家電量販店を利用している方でないと、あまり恩恵を感じられないこともあります。
さらに、標準施工以外が含まれるとより割高になる傾向があり、その点にも確認が必要です。

③リフォーム業者

リフォーム業者は、主に住宅の改築や改修工事をおこなう専門業者です。
住宅のリフォーム工事全般を手がけているところが多く、エコキュートの導入に関しても相談できます。

リフォーム業者でエコキュートを購入するメリット

リフォーム業者は、キッチンやお風呂など規模の大きい工事をおこなっています。
そのため、施工技術が高く、安心して任せられるところが大きなメリットです。
また、エコキュートに限らず、家の老朽化やオール電化など、家の困りごとがあれば気軽に依頼できるでしょう。
地域に根付いたリフォーム業者を選べば、相談してから実際の対応までがスピーディなところもメリットと言えそうです。

リフォーム業者でエコキュートを購入するデメリット

リフォーム業者はエコキュートの取り扱いがあっても、エコキュートのみの工事は請け負っていないケースがあります。
そういった業者では、他の箇所と同時にリフォームする必要が生じ、あまり現実的ではないかもしれません。
また、エコキュートの価格や工事費用は、リフォーム業者によって幅があります。
エコキュートに力を入れていない業者の場合は、やや高めの料金設定になっているようです。

④インターネット専門店

インターネット専門店は、実店舗を持たずインターネット上で販売、現地で施工までをおこなう業者です。
専門性の高い電気機器を取り扱う施工業者で、エコキュート専門の業者も多く見つかります。

インターネット専門店でエコキュートを購入するメリット

インターネット専門店の最大のメリットは、リーズナブルにエコキュートを導入できる点です。
実店舗を持たないことでコストダウンしているため、リーズナブルな価格でエコキュートを購入しやすくなっています。
同様の専門店が増えた昨今は、他社と差別化を図るため、保証やサポートを充実させている店舗も珍しくありません。
そのため、比較検討すれば、価格だけでなくサポートの面でもお得に購入できるでしょう。
エコキュート専門の業者は製品知識にも長けており、資格を持ったスタッフが在籍している店舗であれば、工事のクオリティも安定しています。

インターネット専門店でエコキュートを購入するデメリット

インターネット専門店は、保証内容が店舗ごとに異なり、商品保証はあっても、工事保証まではないところもあります。
電力会社への申請手続きはおこなわず、エコキュートの販売と工事のみを請け負う業者もあるので、保証内容や作業内容の見極めが重要です。
また、一部の悪質な業者では、有資格者が工事をせず、トラブルになった事例もあります。
このようなトラブルを想定すると、インターネット専門店は実店舗がないため、その点を不安に感じる方もいるようです。
実際にはホームページ記載の所在地に事務所や本社がありますが、家電量販店と違いスタッフの顔が見えにくいインターネット専門店は、なんとなく不安に思えるかもしれません。

エコキュート新設で大切な業者選びのポイント

ポイント①:10年サポートは「製品」と「工事」も対象になっているか

ほとんどの場合、エコキュート購入後、2~3年は無料のメーカー保証が付きます。
保証内容次第では、修理代や出張費などが無料になるため、2~3年は安心できるでしょう。
それ以降、頼りになるのが、業者の長期保証です。
エコキュートの寿命はおおよそ10年と言われるため、「10年サポート」のような長期保証は非常に魅力的です。
ただ、10年サポートといっても保証内容は様々なので、注意しましょう。
製品のみの保証で工事は対象外となった場合、工事に関するトラブルでは保証がされなかったり、工事費が別途負担になったりします。
ただ保証期間が長ければ良いわけではないため、サポート内容も必ず確認してください。

保証につきましては「エコキュートの10年保証は必要?延長保証・内容についても解説!」で詳しく解説してますのでチェックしてみてください。

ポイント②:サポート利用時の修理代(部品代・出張費を含む)は無料か

エコキュートに関するサポートを利用する場合、大まかに、修理代・部品代・出張費・工事費の4つがかかります。
業者によって、どこまで負担するのかは異なるため、注意が必要です。
4つすべて無料の業者もあれば、期間内なら修理代のみ減額といった業者もあるでしょう。
また、修理代は全額無料でも、部品代や出張費はかかるといった業者もあります。
無料の範囲が広い業者なら、エコキュートの不調を感じた際には気軽に連絡を取れます。
不調を放置しないため、エコキュートの寿命を延ばすことにもつながるかもしれません。

ポイント③:修理回数、修理上限金額に制限があるか

サポートしてくれる期間は長くても、回数や金額に上限を定めている業者もあります。
1回目はすべて無料でも、以降は都度料金が発生するサポート内容になっていることもあるでしょう。
また、修理に関して上限金額が設定されていると、それをオーバーした分は実費で支払うこともあります。
基本的に修理すれば不具合は直りますが、古いエコキュートなら、後日再び調子が悪くなることもあり得ます。
修理回数や修理上限金額の制限がない業者を選ぶと、気軽に相談や点検を依頼できるでしょう。

ポイント④:24時間365日対応してくれるかどうか

キッチンでの洗い物や入浴など、エコキュートは生活の様々なシーンで大切な役割をしています。
だからこそ、突然不調や故障が起きると、不便な思いをしてしまいます。
とくに汗をかく夏場にシャワーを浴びられなかったり、冬場に冷たい水しか使えなくなったりすると、生活をする上で大きな不便を感じるでしょう。
そういったトラブルは、お盆や年末年始でも起こり得るため、24時間365日対応してくれる業者が安心です。
エコキュートに不調が生じたとしても、時間帯を問わず、すぐに相談できます。

ポイント⑤:ホームページは更新されているか

最近では、エコキュートを購入するにあたって、事前にインターネットで検索する方がほとんどです。
そのため、ホームページは看板やチラシのような重要な役割を担っており、力を入れている業者が多くなっています。
その一方で、ホームページの情報や掲載されている記事が、長い間更新されていない場合は要注意です。
販売に熱意のない業者であったり、人手が足りず問い合わせから設置まで時間がかかったりする傾向があります。
昨今は、半導体不足の影響で、エコキュートの在庫がない場合があります。
そのため、とくに消費者が気になる在庫状況について、なるべく更新頻度が高い業者の方が信頼できると言えそうです。

ポイント⑥:住んでいる場所が対応エリアに入っているのか

小さな店舗では、対応しているエリアが限られていることもあります。
対応エリア以外でエコキュートの設置を希望する場合は、別途交通費が必要になるケースもあるので、よく確認してください。
対応エリアが狭い業者から選ぶと、問い合わせの際に自宅住所は対応しているか都度確認することになるため、やや煩雑です。
対応エリアが広い業者から選べば、細かくエリアを気にしなくて良く、また大手であるため安心感もあるでしょう。

ポイント⑦:エコキュートの在庫は確保されているのか

できるだけ早く設置するためにも、希望する機種の在庫が確保されているか、しっかり確認しましょう。
エコキュートの在庫が確保されていないと、取り寄せ期間が発生してしまいます。
取り寄せ期間はタイミングや機種によって異なりますが、1ヶ月以上の待ち時間が発生することもあるのです。
ホームページで常に在庫状況が記載されている業者を選ぶと、設置までの目安がすぐにわかります。
一例としてエコキュート交換専門業者のyhs(株)では、住んでいる地域から納期が分かる在庫シミュレーションを公開しています。

エリアや都道府県をクリックするだけで在庫状況が簡単にわかるので、在庫状況が知りたい方は「在庫シミュレーション」をぜひチェックしてみてください。

ポイント⑧:施工実績が豊富な業者が安心

多数の施工実績がある業者の方が、現場での対応にも慣れており、安心して任せられるでしょう。
消費者の安心材料になることから、施工実績に関してはインターネット上で公開している業者がほとんどです。
中には実際の写真とともに、導入したエコキュートの機種や設置場所などを詳しく解説している業者もあります。
もし施工実績に関する情報が掲載されていない場合には、直接気になる業者に問い合わせをしてください。

ポイント⑨:詳しい商品知識・対応力があるか

インターネットでエコキュートに関する情報を集めていても、実際にわからない点も多々あるはずです。
そういった疑問を質問した際に、商品知識や対応力があるのかどうかも、業者を見極めるポイントの一つになります。
商品知識が曖昧であったり、とにかくセールスしてきたりする業者は要注意です。
万が一トラブルが生じた際にも、解決までに時間がかかる可能性があります。
インターネット上で気になる業者があったのであれば、即決するのではなく、まずはメールや電話で問い合わせをしてみることをお勧めします。

ポイント⑩:口コミで高評価を得ているか

インターネット上には、実際にその業者を利用した人の口コミや感想が書かれていることも多くなっています。
施工実績の多い業者ほど口コミ数も多くなるため、安心材料の一つになるでしょう。
もちろん、スタッフと性格的に合わなかったといった細かな理由でも低評価が付くことがあるため、インターネットに掲載されている情報がすべて正しいとは限りません。
しかし、総合的に見て評価が高い業者であれば、安心できます。

エコキュートの交換は
最短即日・10年保証の当社にお任せ

365日、土日・祝日も休まず営業中!
お気軽にお電話ください。

メールで
問い合わせる
LINEで
問い合わせる

現在の機種の型番や設置搬入経路確認のための写真があれば正確なお見積もりが可能です。

エコキュート設置業者に目星がついた後の流れ

実際にエコキュート設置業者へ問い合わせをおこなう

気になるエコキュート設置業者を見つけたのであれば、実際に問い合わせをおこないます。
問い合わせは、メールまたは電話で受け付けてくれる業者が多いでしょう。
どちらでも構いませんが、よりお勧めなのは電話です。
電話の方がスタッフと直接話ができるため、信頼できる業者なのか見極める判断材料にもなります。

現地調査をしてもらう

エコキュートを設置するには、ヒートポンプユニットと貯湯タンクを置く場所が必要になります。
それなりのスペースが必要になるため、現地調査をしてもらうことが大切です。
現地調査で、希望機種の設置が可能か判断してもらえます。
最近は薄型タイプのエコキュートも登場しているため、設置場所に余裕がない場合は検討してみましょう。
また、近隣に配慮した設置場所であるかどうかも大切です。
隣家との距離が近い場合、低周波音による騒音トラブルになる可能性もあります。
そういった騒音トラブルを考慮して、設置場所を提案してくれる業者を選んでください。

見積もりを比較して業者を決める

現地調査が終わると、業者から見積もりがもらえます。
複数の見積もりを比較し、自分の条件に合った信頼できる業者に依頼をしてください。
一社だけでは適切な見積もりが行われているのか判断できず、後悔につながる可能性があります。
また、金額に目を奪われがちですが、安さだけに注目しないようにしましょう。
見積もり後に別途追加工事が発生するケースもあるため、本当にすべてが含まれた金額であるのかも確認してください。
また、エコキュートの設置費用だけでなく、その後のメンテナンスや保証についても手厚い業者を選ぶことも大切です。
その際の保証は何年か、また保証を含めていくらかといったことも確認しておくとスムーズです。

理想の業者に出会えた!工事前に確認しておきたいこと


  • 設置工事の予定時間を確認しよう
  • 追加工事費用はないか確認しよう
  • 本体の発送時期を確認しよう
  • エコキュートの型式が正しいか確認しよう

エコキュート設置工事の予定時間

新しくエコキュートを設置する場合、工事はおおよそ2日程度かかります。
基礎工事に1日、そして設置工事に1日といったスケジュールが組まれるでしょう。
周囲への配慮から、朝の9時頃にスタートして夕方17時頃には終了することがほとんどです。
多くは屋外作業のため、工事期間中、ずっと家にいなければいけないわけではありません。
場合によっては、家族が全員外出していても作業をしてくれるでしょう。
しかし、リモコン設置のために業者が室内で作業をしたり、設置後には使い方の説明をおこなったりといったこともあります。
自分たちの予定と業者の予定が嚙み合っているのかも、事前に確認しておくことでスムーズに設置工事が進みます。

見積もり外の追加工事費用について

残念ながら一部の業者では見積もり費用が安くても、基本料金しか記されていないトラブルもあります。
思ったよりも浴室からエコキュート設置場所まで距離があったという理由から、配管設置にあたり、追加料金がかかったというケースも珍しくありません。
見積もり料金を提示された際には、追加料金がかかることはないのか確認しておくことが大切です。
費用面は非常に重要なポイントですから、口約束ではなく、契約書に追加工事費用の発生有無を記載してもらうようにしましょう。

エコキュート本体の発送時期はいつなのか

事前にエコキュート本体を発送しておき、当日はスタッフが工具を持って訪問するといった流れを取っている業者もあります。
その場合、工事日まで自宅でエコキュート本体を保管しておかなくてはなりません。
大きな製品になりますから、場所の確保が必要です。
場所の確保に不安がある方は、工事当日に業者がエコキュート本体を運び込んでくれる業者を選びましょう。

設置予定エコキュートの型式

残念ながら一部の業者では、契約した製品と異なるエコキュート本体を設置する事例があるようです。
ハイグレードな製品を選んだはずなのに、実際に設置されたものはワンランク下のグレードであったり、一つ前の型落ち製品であったりと、巧妙に消費者を騙す業者も存在しています。
悪質な業者でなくても、単純に発注ミスをしている可能性もあるでしょう。
エコキュート本体には型式が書かれているため、自分が契約した型式と合っているのか確認してください。

新設後は何年で交換?エコキュートの交換時期

エコキュートの寿命は10~15年程度と言われています。
そのため、10年が近くなったのであれば、そろそろ交換を検討しても良い時期です。
寿命に差しかかる頃には、全体的に部品が劣化しているため、不調や突発的な故障があり得ます。
状態によっては修理でも良いですが、最新機種はより便利な機能が搭載されていたり、節電効率が上がっていたりするため、交換も視野に入れてみましょう。
いずれにしても、動かなくなってから修理・交換に進むと、お湯が使えずに入浴できない期間が発生します。
そのため、10年が近づいてきたら早めに対応することが大事です。

故障が増えてきた場合も交換へ

エコキュートを使用し始めてから10年経過していなくても、故障やトラブルが増えてきたと感じたのであれば、交換の時期だと言えます。
エコキュートに10年保証が付いていても、修理回数や補償限度額がある業者も多いでしょう。
また故障箇所によっては、保証対象外になってしまうケースもあります。
修理代が頻繁にかさむのなら、いっそ交換した方が、トータル費用を抑えられることも珍しくありません。

エコキュートの交換については「エコキュートの交換で知るべき知識・費用について」でも詳しく解説してますのでチェックしてみてください。

まとめ

今回は、エコキュートの業者選びについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。
エコキュートの設置を依頼できる業者は、ハウスメーカー、家電量販店、リフォーム業者、インターネット専門店など様々です。
どの業者に依頼するかによって、料金や保証内容などが変わってきます。
それぞれの業者にメリットやデメリットを比較して、自分たちに合った業者を選びましょう。
より良い業者を選びたいなら、上記の10大ポイントをぜひ参考にしてください。
yhs(株)は、エコキュート交換を専門とする会社です。
エコキュートの交換の際には、ぜひyhs(株)にご相談ください。

エコキュートの交換は
最短即日・10年保証の当社にお任せ

365日、土日・祝日も休まず営業中!
お気軽にお電話ください。

メールで
問い合わせる
LINEで
問い合わせる

現在の機種の型番や設置搬入経路確認のための写真があれば正確なお見積もりが可能です。

読者登録・解除フォーム
読者登録をすると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

登録ボタンを押すと確認メールが届きますので、メールのご確認をお願いいたします。
エコキュート
エコキュート交換専門のyhs株式会社
タイトルとURLをコピーしました