エコキュート

【76%減!?】エコキュートの電気代は高い?電気代を節約する8つのポイントを紹介

エコキュートに変えると電気代がどのくらい節約できるか気になりますよね。 今回はエコキュートの1ヵ月・年間の電気料金の目安や電気温水器、石油給湯器、ガス給湯器と比較しどのくらい電気代が安くなるのか?また、電気代の高い原因や節約術、電気代に関するお客様の声(口コミ)まで幅広くご紹介。
風呂

昔は「混浴」が当たり前だった!?驚きだらけの「日本の風呂文化」の歴史

現代において、風呂は住まいの必須設備と言っても過言ではなく、また日本人は世界的に見ても風呂をこよなく愛する民族だと言われています。 また地理的な面でも、火山国である日本では全国各地で様々な温泉が湧き出ています。そんな日本における風呂の歴史はいつ始まり、いつ今のカタチとなって浸透したのでしょうか。
エコキュート

「東京ゼロエミポイント」とは

「そろそろエコキュートを買い換えたいな…」と思っている東京都にお住まいの方へ朗報です! なんと今エコキュートを買い換えると、10,000円相当の「東京ゼロエミポイント」を受け取ることができます。 既存設備から新しい設備に交換するにはお金がかかりますし、少しでも還元されれば嬉しいですよね。
エコキュート

配管から衝撃音!?エコキュートにおける「ウォーターハンマー現象」とは

エコキュートから浴槽にお湯張りをしている時、または洗濯機を動かしている時などに、どこからともなく「ドンッ」もしくは「コンコン」といった音が聞こえたことはありませんか? 実はこの音が発生する現象には、「ウォーターハンマー」という名が付けられています。
節水・節湯

人気沸騰中の「節湯水栓」とは?その驚きの省エネ能力を徹底調査!

エコキュートはそれだけでも既に高い省エネ性を持ち、家庭に導入すれば給湯エネルギーの消費量を大幅に削減してくれますが、実はその省エネ性をさらに引き上げてくれる存在があります。 それは、「節湯水栓」と呼ばれる省エネ型の混合水栓です。 従来の水栓では、多くの場合レバーを左に回せばお湯、右に回せば水が出るものの、真ん中の位置で開栓すると水とお湯の混ざった中間水が出てくることがしばしばありました。
エコキュート

「エコキュートのリース」って実際どうなの?購入した方がお得なワケとは

現在エコキュートの導入方法は「購入」が一般的となっていますが、実は「リース」という方法もあることをご存知でしょうか。 簡単に説明すると、エコキュートのリースとは文字通り「エコキュートをリース会社から借りること」です。 借りる、と聞くと「レンタル」という言葉が頭に浮かぶかもしれませんが、実は「リース」と「レンタル」には明確な違いがあります。
エコキュート

エコキュートは「10年」で買い替えるのがベター!その理由とは?

エコキュートの寿命は一般的に「10年(あるいは15年)」と言われていますが、新しく買い替えるためにはコストが必要なこともあり、「故障しなければ問題ないでしょ!」という考えから20年近く同じエコキュートを使用続ける人は少なくありません。 しかし古いエコキュートをいつまでも使い続けてしまうと、結果的に大きな損を被ってしまう可能性があります。
エコキュート

エコキュートの故障原因はなんと「ナメクジ!?」実例から対策までを徹底チェック!

どこからともなく発生しては、農作物や植物を荒らすなどの被害をもたらすナメクジ。 そんなナメクジですが、実はエコキュートの故障原因にもなり得るということはご存知でしょうか? 今回のコラムでは、ナメクジがエコキュートの故障原因となる理由から、実際の故障例や対策方法、駆除方法までをチェックしていきましょう。
エコキュート

エコキュートが壊れやすい条件とは?しっかり学んでバッチリ対策しよう!

一般的に、エコキュートの寿命は10~15年程度だと言われています。 しかし使用方法がいい加減だったり、あるいは突然発生した自然災害に巻き込まれてしまったりすると、寿命を待たずに故障してしまう可能性もあります。
エコキュート

<エコキュート>井戸水対応OKな製品を一挙紹介!設置する際のポイントもチェック

近年ではすっかり数が減ったものの、今でも日本には井戸水を生活用水や飲料水に用いている地域がいくつかあります。 そして、そのような地域では「エコキュートは使えない」と長い間思われてきましたが、年々エコキュートの性能が向上するとともにそういった意識も少しずつ変化を遂げています。
タイトルとURLをコピーしました