節水・節湯

人気沸騰中の「節湯水栓」とは?その驚きの省エネ能力を徹底調査!

エコキュートはそれだけでも既に高い省エネ性を持ち、家庭に導入すれば給湯エネルギーの消費量を大幅に削減してくれますが、実はその省エネ性をさらに引き上げてくれる存在があります。 それは、「節湯水栓」と呼ばれる省エネ型の混合水栓です。 従来の水栓では、多くの場合レバーを左に回せばお湯、右に回せば水が出るものの、真ん中の位置で開栓すると水とお湯の混ざった中間水が出てくることがしばしばありました。
エコキュート

「エコキュートのリース」って実際どうなの?購入した方がお得なワケとは

現在エコキュートの導入方法は「購入」が一般的となっていますが、実は「リース」という方法もあることをご存知でしょうか。 簡単に説明すると、エコキュートのリースとは文字通り「エコキュートをリース会社から借りること」です。 借りる、と聞くと「レンタル」という言葉が頭に浮かぶかもしれませんが、実は「リース」と「レンタル」には明確な違いがあります。
エコキュート

エコキュートは「10年」で買い替えるのがベター!その理由とは?

エコキュートの寿命は一般的に「10年(あるいは15年)」と言われていますが、新しく買い替えるためにはコストが必要なこともあり、「故障しなければ問題ないでしょ!」という考えから20年近く同じエコキュートを使用続ける人は少なくありません。 しかし古いエコキュートをいつまでも使い続けてしまうと、結果的に大きな損を被ってしまう可能性があります。
エコキュート

エコキュートの故障原因はなんと「ナメクジ!?」実例から対策までを徹底チェック!

どこからともなく発生しては、農作物や植物を荒らすなどの被害をもたらすナメクジ。 そんなナメクジですが、実はエコキュートの故障原因にもなり得るということはご存知でしょうか? 今回のコラムでは、ナメクジがエコキュートの故障原因となる理由から、実際の故障例や対策方法、駆除方法までをチェックしていきましょう。
エコキュート

エコキュートが壊れやすい条件とは?しっかり学んでバッチリ対策しよう!

一般的に、エコキュートの寿命は10~15年程度だと言われています。 しかし使用方法がいい加減だったり、あるいは突然発生した自然災害に巻き込まれてしまったりすると、寿命を待たずに故障してしまう可能性もあります。
エコキュート

<エコキュート>井戸水対応OKな製品を一挙紹介!設置する際のポイントもチェック

近年ではすっかり数が減ったものの、今でも日本には井戸水を生活用水や飲料水に用いている地域がいくつかあります。 そして、そのような地域では「エコキュートは使えない」と長い間思われてきましたが、年々エコキュートの性能が向上するとともにそういった意識も少しずつ変化を遂げています。
エコキュート

エコキュートはじめて物語~開発から普及するまでの歴史~

今やガス給湯器に負けずとも劣らない普及率を誇るエコキュートですが、「一体いつどのように誕生したか」という点について知っている人はあまりいないのではないでしょうか。 多くの発明品と同じようにエコキュートの開発には立派な歴史があり、またその最中には様々な紆余曲折がありました。
エコキュート

エコキュートから騒音がする?原因&対策を知って事前に対策しよう!

エコキュートの導入には多くのメリットがありますが、稀に「導入してから騒音や振動に悩まされるようになった」というトラブルが発生することもあります。 寛ぎの場であるはずの自宅内で騒音や振動に苦しめられるのは辛いですし、 それが原因で近隣トラブルに発展するようなことだけは、何としても回避したいですよね。
エコキュート

故障に電気代高騰…冬場はエコキュートの大敵!?乗り切るために必要なこと

シャワーや洗い物などに毎日使うお湯ですが、中でも寒い冬の時期は、温かいお湯を特に沢山使いたいものですよね。 しかし実はこの冬場こそ、エコキュートの運用にとって厳しい季節だということをご存知でしょうか? 実際、エコキュート故障に関する当社へのお問い合わせが多くなるのも冬場です。
エコキュート

エコキュートってどんな働きをするの?仕組みや特性を知ろう!

「オール電化」という言葉を知っていますか? この言葉は、家庭内で使用する全てのエネルギーを電気に集約することを指しています。 オール電化は比較的最近生まれた言葉のように思う方が多いかもしれませんが、 実は1980年代初頭には住宅への普及が始まっていました。 そして近年、オール電化を語る上でIHに次いで挙げられるのが「エコキュート」です。
タイトルとURLをコピーしました