エコキュート

エコキュートの水漏れ原因5選!原因、対処方法や修理代について

エコキュート

施工管理部 大阪施工センター長(監修者)仲井 康朗

施工管理者 仲井 康朗 です。
給湯器工事に携わって10年。日々エコキュートの施工管理を行う傍ら、 お客様にエコキュートの情報をお伝えする当ブログの監修もしています。

保有資格
第二種電気工事士免状 第 164447号
液化ガス設備士免状 大阪府 142762005【LPG】
ガス簡易内管施工士資格証 15990024【都市ガス】
ガス可とう管接続工事監督者講習修了証 27130129【都市ガス】

エコキュートの急な水漏れに困っていませんか。
「なぜか温かいお湯が出なくなった……」といったトラブルも、水漏れが原因となっていることがあります。
エコキュートの水漏れが起こったときには、どのように対処すれば良いのでしょうか。
この記事では、水漏れが起きているときの症状や原因、対処方法や修理代などを詳しく解説しています。

エコキュート水漏れの症状とは?

  • お湯が全然出なくなる
  • お湯がなくなったことを示す表示がすぐに出る
  • いつもと変わらず使っているのに電気代と水道代が高い

お湯が全然出なくなる

蛇口をひねったとき、「最初に水が出るのが気になる」…という方もいるでしょう。
エコキュートで沸かされたお湯は、水道水と混ざって適温になり、蛇口から出てきます。
しかし、すぐにお湯が出るようであれば、とくに問題はありません。
配管内に残った水が先に出ただけと見られます。
しかし、「お湯が全然出ない」「お湯からすぐ水に戻ってしまう」といった水温が安定しない際は、水漏れのトラブルが疑われます。
配管の途中でお湯が流出しているため、安定した温度のお湯が出なくなっているかもしれません。

お湯がなくなったことを示す表示がすぐに出る

いつも通りに使用しているはずなのに、「お湯がなくなりました」といった表示がすぐ出るようになったのであれば、水漏れを起こしている疑いがあるでしょう。
エコキュートは、夜間に沸かしたお湯を翌日に使います。
沸き上げ量を少なめに設定していないなら、一日使うのに十分な湯量が沸き上げられているはずです。
お湯切れの表示が早い時間帯から出るようになった際には、要注意と言えるでしょう。

いつもと変わらず使っているのに電気代と水道代が高い

エコキュートの水漏れは、漏水を知らせるエラーコードや、目視で簡単に確認できるケースもあります。
しかし、なかなか気付けないところで水漏れを起こしている、厄介なケースもあるようです。
そのようなケースでも、翌月の電気代や水道代が高くなったのを見て、水漏れしていたことに気付けるでしょう。
いつもと変わらず使っているのに、電気代と水道代が妙に高くなった……というときには、水漏れの可能性を疑ってください。

エコキュートが水漏れを起こす原因とは

  • 原因1 エコキュートの寿命
  • 原因2 エコキュートの長期間放置・不使用
  • 原因3 凍結による配管の損傷
  • 原因4 エコキュートのメンテナンス不足
  • 原因5 エコキュートの設置場所を移動させた

水漏れの原因1.エコキュートの寿命

エコキュートは使用方法や設置場所、環境などによっても異なりますが、おおよその寿命は10~15年程度と言われています。
エコキュートを使用し始めてから10年が経過すると、内部や配管が劣化して、自然と水漏れを起こすリスクが高まるでしょう。

yhs(株)では10年経ったらエコキュートの交換・買い替えをお勧めしています。お勧めの理由については、「エコキュートの寿命は10~15年!寿命の兆候は?買い替えタイミングまで解説」でも詳しく解説しております。気になる方はこちらも併せてチェックしてみてくださいね。

エコキュートの買い替えは
最短即日・10年保証の当社にお任せ

365日、土日・祝日も休まず営業中!
お気軽にお電話ください。

メールで
問い合わせる
LINEで
問い合わせる

現在の機種の型番や設置搬入経路確認のための写真があれば正確なお見積もりが可能です。

水漏れの原因2.エコキュートの長期間放置・不使用

旅行や単身赴任などで、エコキュートを長く放置してしまったり、不使用の状態が続いてしまったりするかもしれません。
その際、久しぶりに稼働させたエコキュートから水漏れが起きることがあります。
このとき、水抜き栓からの水漏れであれば、問題はないことがほとんどです。
内部の減圧によって水量が調整されているだけなので、本体や配管から水漏れを起こしていなければ、以前と同様に使えます。
ただし、なかなかお湯にならなかったり、水漏れがひどくなったりするケースは、専門業者による点検を受ける必要があるでしょう。
長期不在後の水漏れを防ぐためには、貯湯タンクの水抜きをしてから外出するようにすることが大切です。
具体的な水抜きの方法は、メーカーによって異なります。各メーカーのホームページや取扱説明書を参考にしながらおこないましょう。

水漏れの原因3.凍結による配管の損傷

寒い地方に住んでいる方が注意すべきなのが、凍結による水漏れです。
配管が寒さで凍結し、そのまま破裂してしまうことによって水漏れが発生します。
寒い地方に住んでいる方はあらかじめ配管に保温材を巻いたり、紫外線保護にもなる遮光テープを巻いたりして、凍結を防いでください。
それでも凍結してしまったときには、配管を布で覆い、人肌程度のぬるま湯を少しずつかけるといった対処法があります。
しかし、凍結を早く対処したいために熱いお湯をかけるといった行為は、配管の劣化を早めてしまうので、絶対に避けましょう。

水漏れの原因4.エコキュートのメンテナンス不足

メンテナンスは業者に依頼するもの、というイメージがあるかもしれません。
しかし、エコキュートには、自分たちでもお手入れできる箇所があります。
例えば貯湯タンクは、定期的に排水をおこなえば、水漏れを防げる箇所です。
貯湯タンクに貯める水道水には、僅かながら不純物が含まれています。
不純物が溜まって沈殿物になると、詰まりや水漏れなどを起こす可能性が高まります。
その他にも、浴槽につながる配管やフィルターなどは、定期的な清掃が必要です。
自分たちでできるメンテナンスは、各メーカーのホームページや取扱説明書に記されているので、必ずチェックしてください。
メンテナンスは水漏れを防ぐだけでなく、エコキュート本体の寿命を伸ばすことにもつながります。

水漏れの原因5.エコキュートの設置場所を移動させた

「音が少し気になる」「今設置している場所だとスッキリ見えない」など、様々な事情から、エコキュートを移動させたくなることもあるでしょう。
その際、少しの距離だから業者を呼ぶまでもない……と、自分で動かしてしまう方もいるようです。
しかし、エコキュートを移動させると、ホースが外れてしまったり、配管に歪みや隙間ができてしまったりする可能性があります。
移動直後は問題なくても、そこから水漏れにつながるリスクが高まりますから、エコキュートを移動させる際には必ず業者に相談をしてください。

対処が必要な水漏れと対処不要な水漏れ

エコキュートから水漏れを起こしていても、慌てる必要はありません。
対処が必要な水漏れと、そうでない水漏れがあります。まずは落ち着いて確認してみましょう。

対処が必要な水漏れ

対処が必要な水漏れとしては、明らかにエコキュートや配管から水漏れを起こしているケースが挙げられます。
その他にも、普段と変わらず使用しているのにお湯の減りが早かったり、水温が安定しなくなったりした場合は、対処が必要な水漏れと言えるでしょう。下記に従って対処をおこなってください。

貯湯タンクやヒートポンプユニット(室外機)からの水漏れ

エコキュートは、貯湯タンクと、室外機にあたるヒートポンプユニットで構成されています。
どちらかからポタポタと水が垂れているならば、内部部品が劣化し、水漏れを起こしている疑いがあります。
ただし、朝方だけ室外機の周辺が濡れている場合は、運転時に生じた結露の可能性が高く、その場合は水漏れではありません。
一日を通して時間を問わず、ポタポタと水が滴り落ちている場合は、メーカーの相談窓口に連絡をしてください。
エコキュートからどのように水が滴り落ちているのか詳しく説明すれば、適切なアドバイスが受けられるでしょう。

貯湯タンクやヒートポンプユニットにつないでいる配管からの水漏れ

エコキュートという給湯器側ではなく、配管周りから水漏れを起こしている際には、設置工事をした業者への連絡をお勧めします。
この場合はエコキュート本体には問題がなく、あくまで配管周りにトラブルが起きているためです。
そのまま放置していると、エコキュート側にも不具合が生じる危険性が高まるため、早めに問い合わせをしてください。

対処不要な水漏れ

エコキュートの水漏れの中には、対処不要なケースもあります。
例えば、長期間使用していなかったエコキュートを再稼働させると、減圧によって水抜き栓から水漏れが起こることがあります。
その際は、そのまま使い続けて構いません。
ただし「お湯の温度が安定しない」「水漏れが長く続く」といった、これまでと違う症状が見られた際には、早めにメーカーに問い合わせをしてください。
その他にも、「水漏れではなくただの結露だった」、「凍結したものの配管に損傷は見られなかった」、というケースも対処不要です。
数日間寒い日が続くと、結露によって本体や配管周りが濡れたり、朝方に配管が凍結したりします。
しかし、布で拭き取ってみても水漏れがなく、配管にも亀裂のような異常が見られないのであれば、こちらも対処不要と言えるでしょう。

水漏れしたときの応急処置は?

水漏れの被害を最小限にするために、問い合わせだけでなく応急処置もおこなうと良いでしょう。
水漏れをそのままにしておくと、修理がおこなわれるまで、どんどん水が流れて無駄になります。
また、水漏れの状態が続くと、エコキュートにも負荷がかかります。
それにより、最初は配管の修理だけで済むはずだったトラブルが、エコキュート全体の修理に及ぶケースもあるのです。

まずは、給湯器側の運転を止めましょう。
リモコンの電源をオフにして、本体内部にあるブレーカーを落とすか、コンセントを抜くことで、電源を完全に落とせます。
元栓や止水元栓を閉めれば、給湯器に水が入り込むこともありません。
止水元栓の場所が分からないときは、メーター付近にある「止水栓」を閉める方法もあります。
ただし、飲用水はもちろん、トイレも使用できなくなるため、最終手段だと考えてください。
ここで重要なのが、あくまで私たちが行うのは「応急処置」という点です。
水漏れが起こっていると思われる部分を勝手に修理したり、配管周りをいじって動かしたりしてしまうと、さらなるトラブルを招くケースもあるので注意してください。

エコキュートが水漏れした際の修理代は?

メーカーの修理相談窓口に修理を依頼したときの修理代

メーカーの修理相談窓口に依頼したとき、修理代はどこに問題があったのかによって異なります。
例えば水漏れの場合は約15,000円~50,000円程度、ヒートポンプユニットに問題があり本格的な交換・修理となる場合は、約85,000円~170,000円程度の修理代がかかります。
このように修理代だけを聞くと高すぎると感じるかもしれませんが、無料で修理ができるケースもあります。
メーカーの保証期間内であれば、通常より割引された価格か、ゼロ円で修理を受けられるでしょう。
ただし、保証が適用されるのは、あくまで通常の使用方法をしたケースのみです。
メーカーが推奨していない使用方法や、自然災害によって水漏れが発生した際には、保証適用外になることもあるので注意してください。

設置工事をした業者に修理を依頼したときの修理代

設置工事をした業者に修理を依頼した場合も、修理代は状況によって異なります。
ひとつの傾向ですが、配管周りならば、エコキュート本体よりも安価で修理ができ、1~2万円程度で収まるようです。
配管の一部分やパッキン部分の交換で終了する事例がほとんどで、作業が終わったらすぐにお湯が使えるようになるケースも多いでしょう。
ただし、エコキュート本体を本格的に修理する場合には、購入時と同等の費用がかかることもあります。

エコキュートの修理や交換にかかる費用相場の目安を知りたい方は「すぐ解決!エコキュートの故障症状・原因や寿命、修理や交換費用まで徹底解説」でも詳しく解説しております。気になる方はこちらも併せてチェックしてみてくださいね。

水道代は減免申請で安くできることも

エコキュートからの水漏れに、翌月の水道代を見て気付くこともあるでしょう。
実際に水漏れで水道代が高くなった場合、一部の自治体では当該月の減免申請が可能です。
減免申請には「減免申請書(配布されたテンプレートに則ったもの)」「自治体指定の水道業者による領収書」「水漏れ箇所の修理前後の写真」などが必要です。
指定された書類や写真を提出すれば、前月までの使用量をもとに、水漏れが起こっていたと考えられる期間の水道代が割引されます。
ただし、全部の自治体で減免申請が通るわけではないので、お住まいの地域に問い合わせをしてみてください。

信頼できる業者で交換してもらおう

エコキュート本体の寿命は、10~15年程度と言われています。
水漏れを起こしたのがもうすぐ寿命を迎えるタイミングであったり、近ごろ故障が多くなったと感じたりした場合は、交換や買い替えを検討してみましょう。
とくに貯湯タンクを修理することになると、30万円程度かかると言われています。
また、寿命が近いエコキュートは、他の様々な箇所に不具合や故障が発生し、修理費用がかさむケースもあるのです。
そのため、修理するよりも、いっそ交換や買い替えの方が安く済むこともあるでしょう。
なお、交換や買い替えをする際には、信頼できる業者選びが大切です。
交換費用や保証内容、作業スピードなどは、業者によって大きく変わります。

エコキュートを10年で買い替えたい理由や、業者選びのポイントについては、「エコキュートの買い替えは「10年」がベター!その理由とは?」の記事で詳しく解説しています。
エコキュートの不調が増えたと感じる方は、ぜひチェックしてみてください。

エコキュートの買い替えは
最短即日・10年保証の当社にお任せ

365日、土日・祝日も休まず営業中!
お気軽にお電話ください。

メールで
問い合わせる
LINEで
問い合わせる

現在の機種の型番や設置搬入経路確認のための写真があれば正確なお見積もりが可能です。

まとめ

エコキュートや配管から水漏れが起こった際、対処が必要なケースと、そうではないケースがあります。
対処が必要だった際には、自身で応急処置をすると良いでしょう。
自分で判断ができなくても、メーカーの相談窓口や設置工事をした業者に連絡を取れば、適切な指示が受けられるはずです。
修理費用は水漏れが起こっている場所によって異なりますが、使用年数や故障箇所によっては、交換・買い替えを検討しても良いかもしれません。
エコキュートの交換や買い替えを検討されている方は、ぜひyhs(株)にご相談ください。

読者登録・解除フォーム
読者登録をすると、更新情報をメールで受け取ることができます。


 

登録ボタンを押すと確認メールが届きますので、メールのご確認をお願いいたします。
エコキュート交換専門のyhs株式会社
タイトルとURLをコピーしました